食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを

2005年(H17)年から特保(トクホ)の入れ物には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」との一文を表示すること義務となった。

我が国における結核対策は、長年、1951年施行の「結核予防法」にならう形で促進されてきましたが、56年後の2007年からは異なる感染症と同じように「感染症法」という名前の法律に基づいて行われることになったのです。

食事をするときは、次に食べたいと思った物を気軽に口に運んで数十回咀嚼して後は飲み込むだけだが、それから体はまことによく機能して異物を身体に取り入れる努力をし続けているのだ。

シルバー世代の人や慢性的な病のある方などは、際立って肺炎に弱くなかなか治らない傾向にあるので、常日頃の予防やスピーディな治療が大事なのです。

UV-Bは、UV-Aに比べて波長が短いという特性があるためオゾン層で一部分が吸収されるのですが、地表まで達したUV-B波は皮ふの表皮内で細胞のDNA(遺伝情報)を破壊するなど、肌に悪い影響をもたらすのです。

20代、30代で更年期になったら、医学的な言葉で表現すると「早発閉経(早期閉経)」という女性疾患のことを指します(この国の場合40歳未満の女性が閉経する状態をPOFと呼んでいるのです)。

くしゃみや鼻水、鼻詰まりに目の掻痒感・ゴロゴロするような異物が入っている感覚などの花粉症の主な症状は、アレルギーの原因となる花粉の飛散量の多さに比例しているかのように深刻になる性質があるということが明らかになっています。

エイズウイルス(HIV)を持っている血液、精液を始め、女性の腟分泌液、母乳といったあらゆる体液が、乳飲み子などの粘膜や傷口等に触れると、感染する可能性が高くなってくるのです。

杉の花粉が飛ぶ時に、まだ小さなお子さんが体温は普通なのにしょっちゅうくしゃみをしたり水っ洟が止まってくれない状態だったなら、杉花粉症の可能性が高いかもしれません。

うす暗い場所だと光不足によりものを見るのが難しくなりますが、更に瞳孔が開くため、眼球のピントを合わせるのに余分な力が使用され、結果的に日の差す所でものを眺めるより疲労が大きいのです。

体を維持するのに必要なエネルギーとして速攻で役立つ糖分、新陳代謝に必ず要るタンパク質など、度の過ぎたダイエットではこれらに代表される体調を整えるために必ず要る要素までもを減少させてしまっている。

患者数が増加しているうつ病では脳の中の神経伝達物質のセロトニンが足りなくなり、憂うつ、数時間しか眠れない不眠、疲労感、食欲低下、体重の減少、焦り、顕著な意欲の低下、そして重症の場合自殺企図などの辛い症状が出現します。

人間の耳の構造は、大きく「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3か所に分類することができますが、この中耳のところに様々な黴菌やウィルスなどが付いて発赤等の炎症が起きたり、体液が滞留する症状が中耳炎なのです。

ストレスが溜まっていく経過や手軽で効果的なストレスを緩和する方法など、ストレスに関係している正しい知識を学んでいる人は、現時点ではまだ多くないようです。

5-HT神経は、自律神経のバランスの調節や痛みを鎮圧し、分泌物質の覚醒などを操っており、大うつ病(単極性気分障害)に罹患している方ではその作用が落ちていることが証明されている。

あっというまに食べ終わる「早食い」

肥満(obesity)の状態はあくまで食生活の習慣や栄養バランス、運動不足が主因ですが、ボリュームの変わらない食事であれ、あっというまに食べ終わる「早食い」を日常化することによって肥満(obesity)を招く可能性があります。

吐血と喀血、2つとも口からの出血に変わりはありませんが、喀血とは喉から肺を繋ぐ気道から血が出ることで、吐血とは無腸間膜小腸より上部にある消化管から出血する症状を示しています。

音楽会やライブなどの開催される場所やクラブハウスなどに設置されている特別仕様の大型スピーカーの正面で大きな音を聞いて耳が聞こえづらくなることを「急性音響性難聴」と言うことをご存知でしょうか?

なんとなく「ストレス」は、「溜めないようにするもの」「取り去るべき」と思われがちですが、実を言うと、我々は多種多様なストレスを感知するからこそ、生きていくことが可能になります。

日本における結核対策は、1951年施行の「結核予防法」に沿う形で進行されてきましたが、56年後の2007年から異なる感染症とひとくくりにして「感染症予防法」という名前の法律に準拠して実行されることが決まりました。

胸焼けが特徴の逆流性胃腸炎は、4~5日くらい薬を飲めば、大体、9割近くの人の自覚症状は消え去りますが、さりとて食道の粘膜の傷みや炎症が治癒したことを意味しないので留意してください。

スギ花粉が飛ぶ期間に、まだ小さな子どもが体温は平熱なのにくしゃみを連発したりサラサラした鼻水が止んでくれない状況なら、残念ながら『スギ花粉症』の可能性が高いといえるでしょう。

基礎代謝量(きそたいしゃりょう)というのは目が覚めている覚醒状態で命を維持する(鼓動、呼吸、腎臓の様々な活動、体温や筋肉の緊張の保持など)のに外せない理論上のエネルギー消費量のことを指しています。

常在細菌のブドウ球菌(ブドウキュウキン、staphylococcus)は紫色に染色されるグラム陽性球菌であり、毒力が強大な黄色ブドウ球菌(英:staphylococcus aureus、スタフィロコッカスアウレウス)と毒のあまりないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2種に分けられるのです。

不整脈の期外収縮は、健康な人にも出ることがあるため急を要する疾病ではないといわれていますが、短い期間で発作が繰り返して起きるケースは危険だといえるでしょう。

通行中の衝突事故や山での滑落など、とても大きな負荷が体にかかった場合は、複数のポイントに骨折が生じてしまったり、骨が外に突き出る開放骨折となったり、酷い時は内臓破裂してしまうこともあり得ます。

ダイエットに勤しむあまりカロリーを抑える、1日3食のうち1食を飛ばす、などの生活を続けると結果的に必要な栄養までもを不足させ、酷い冷え性をもたらすことは、多くの医療従事者が危惧されているのです。

下腹の激しい痛みを特徴とする病気の一例として、大腸粘膜が嚢状に突出する大腸憩室症、5mm~10mm大の石ができる尿路結石症、潰瘍性大腸炎(UC)、無菌の腹腔内に炎症が起こる急性腹膜炎、子宮の病気など、色々な部位の病気が聞かれます。

季節性インフルエンザワクチン(seasonal influenza vaccine)では、膨大な研究の成果によって、ワクチンの効果を予想できるのは、ワクチン接種日のおよそ2週間後から約150日ぐらいと言われているようです。

基礎代謝(きそたいしゃ)というものは人間が横臥位でじっとしていても燃焼してしまうエネルギーのことで、その大部分を身体中の筋肉・臓器の中で最も大きな肝臓・脳の3種類が占めるとのことです。

常在細菌の一つであるブドウ球菌

常在細菌の一つであるブドウ球菌(英:staphylococcus)は紫色に染色されるグラム陽性球菌であり、大別すると毒力が極めて強い黄色ブドウ球菌(英:staphylococcus aureus)と一方は毒のきつくないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2種に分けられるのです。

暗い所だと光量が足りなくてものが見づらくなりますが、より瞳孔が開くので、眼のレンズのピントを合わせるのに不必要な力が使われ、日の差す場所でモノを見るよりも疲労が大きくなるのです。

お酒に含まれるアルコールを無毒化する力があるナイアシンは、辛い宿酔によく効く成分です。辛い宿酔の誘引物質と考えられている酢酸アルデヒドという物質の無毒化にも作用しています。

花粉症というものは、山林の杉やヒノキ、マツ、ブタクサなどの決まった時期に飛散する花粉が元凶となって、クシャミ・目や皮膚の痒み・微熱・鼻詰まり・鼻水などの辛くて不快なアレルギー症状を示す病気だということは、今や常識となりました。

ジェネリック医薬品というのは新薬の特許が失われてしまった後に発売され、等しい成分で経済的な自己負担の小さい(薬の代金の廉価な)後発医薬品のことで、最近知られるようになりました。

陰金田虫(インキンタムシ)という病気は若い男の人に多く確認され、原則として股間の周辺だけに広がり、激しく運動したり、風呂から上がった後など身体が熱くなった時に猛烈な掻痒感を感じます。

ダイエットに勤しむあまり1日の総カロリーを抑制する、食事を抜く、そうした食生活が結果的に栄養をも不足させ、慢性的な酷い冷え性をもたらしていることは、何度も問題視されていることなのです。

好気性桿菌の結核菌は、患者さんがゴホゴホと咳き込むことで内気に飛び散り、空気中にふわふわ浮かんでいるのを別の人が呼吸の際に吸い込むことによりどんどん拡がっていきます。

耳鳴りには大きくわけて2種類あり、本人だけに聞こえるという部類の「自覚的耳鳴り」と、血流の音などのように本人に加えて他の人にも性能の良いマイクロホンなどを使ってみると響いているタイプの「他覚的耳鳴り」とがあり、処置の仕方が異なります。

複雑骨折によりひどく出血した時は、血圧が下がってめまいやふらつき、冷や汗、嘔吐感、顔面蒼白、座っていても起こる意識喪失などの色々な脳貧血の症状が引き起こされることがあります。

世界保健機関(WHO=World Health Organization)は、身体に害を与えるUV-A波のデタラメな浴び過ぎは皮膚病を起こすとして、18歳以下の若者がファッション感覚で日焼けサロンを使用する活動の禁止を広く世界中に提案しています。

ポリフェノール最大の特長は水溶性のL-アスコルビン酸やトコフェロール(ビタミンE)違って、細胞の間の水溶性部分に脂溶性部分、加えて細胞膜でも酸化を予防する効果を発揮するのです。

ヘルニアとは正式には「椎間板ヘルニア」と呼ばれ、背骨と背骨の間に存在してクッションに近い役目を持っている椎間板(ツイカンバン)という名前のやわらかい線維軟骨がはみ出た状態を指しているのです。

基礎代謝というものは人間が横になっていても消費してしまうエネルギーのことですが、半分以上を様々な筋肉・内臓の中で最も大きな肝臓・頭部の脳の3つで消費するとのことです。

生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病は、膵臓(すいぞう)に在る血糖値を左右するβ細胞が損傷を受けてしまうことが原因となり、膵臓からは血糖値を正常に保てるだけのインスリンが分泌されなくなり発症に至るという自己免疫性のタイプの糖尿病です。

酵素を構築する物質として外せないミネラル

亜鉛は、デオキシリボ核酸(DNA)やタンパク質の合成に関係する特別な酵素や、細胞や組織の再生に必要な酵素など、200種類以上も存在する酵素を構築する物質として外せないミネラルだといわれています。

AIDS(エイズ)とはHIV、すなわちヒト免疫不全ウイルスの感染により罹患するウイルス感染症の病名であって、免疫不全を引き起こし些細なウイルスなどが原因の日和見感染や悪性新生物等を発病してしまう症候群そのものの事を指し示しているのです。

ジェネリック医薬品は新薬の特許が失効してしまった後に販売される、新薬に等しい成分で金銭的な負担が少なくて済む(代金が高くない)後発医薬品のことを指します。

基礎代謝は人間が動かずにじっとしていても消費してしまうエネルギーのことで、半分以上を全身の骨格筋・一番大きな内臓である肝臓・大量の糖質を必要とする脳で占めるということはまだ広くは知られていません。

「ストレス」というのは、「溜めないようにするもの」「除去すべきもの」ものと思いがちですが、実際は、我々人間は様々なストレスを経験しているからこそ、生き延びていくことができています。

骨を折ったことにより大量出血した場合、急に血圧が降下して目眩やふらつき、冷や汗、胸のムカつき、顔面蒼白、座っていても起こる気絶などの脳貧血の症状が出てくる場合があります。

吐血と喀血は血を吐くことですが、喀血というものは咽頭から肺を繋いでいる気道(きどう、呼吸器の一つ)からの出血のことで、吐血の方は無腸間膜小腸よりも上部の消化管からの出血のことを言い表しているのです。

素人判断では骨が折れているのかどうか区別がつかない場合は、ケガをしてしまった部位にある骨を弱めにプッシュしてみて、もしその部分に激しい痛みがあれば骨折かもしれないので、すぐ整形外科を受診しましょう。

ほぼ100%に近い割合で水虫=足、こと足の裏に現れる病気だと間違えられやすいのですが、白癬菌が感染する部位は足だけではないので、体の色んな部位にも感染してしまうという可能性があるのです。

健康を推進するWHO(世界保健機関)は、有害なUV-A波の無理な浴び過ぎは肌に健康障害を誘引する可能性が高いとして、19歳未満がファッション感覚で肌を黒くする日焼けサロンを利用する活動の禁止を強く先進国に提起している最中です。

内臓に脂肪が多いことによる肥満と診断され、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多」、塩分摂取などが関係している「高血圧」、血糖(sugar in the bloodblood sugar)のうち2項目以上に相当するような健康状態のことを、メタボリックシンドローム、またの名を「死の四重奏」というのです。

シルバー世代の人や病を患っている人は、より肺炎に弱く治療が長引く傾向にあるため、予め予防する意識やスピーディな手当が重要なのです。

陰金田虫(いんきんたむし)は比較的若い男の人多く、大抵の場合は股間部にのみ拡大し、激しく身体を動かしたり、お風呂上りなど身体が温まった時に強烈な痒みを誘引します。

自動体外式除細動器(AED)は医療資格を保持していない一般の人にも扱える医療機器で、機器本体から流れる音声ガイダンスの手順に沿って使うことで、心臓が細かく震える心室細動の応急処置の効果を患者に与えます。

冠動脈の異常である狭心症(angina pectoris)の外科的な治療法としては大体「大動脈内バルーンパンピング(IABP)」もしくは「大動脈冠動脈バイパス移植術(CABG)」の2つの異なる治療法が精力的に使用されています。

塩分と脂肪分の摂り過ぎは中止して

塩分と脂肪分の摂り過ぎは中止して自分に合った運動に励むだけでなく、ストレスを感じすぎないような日常生活を続けることが狭心症の元凶となる動脈硬化を防ぐ知恵です。

AEDというものは医療資格を保持していない一般の人にも使う事のできる医療機器で、本体から流れる音声ガイダンスに沿っておこなうことで、心室細動に対する緊急処置の効果を患者にもたらします。

結核対策は、長年、1951年に生まれた「結核予防法」にならって進行されてきましたが、平成19年から多くの感染症とまとめて「感染症予防法」という名前の法律に従って行われることに決まりました。

基礎代謝というものは人間が横たわっていても燃焼するエネルギー量であり、5割以上を身体中の筋肉・臓器の中で一番大きな肝臓・大量の糖質を消費する脳が占めるということをご存知ですか?

「肝機能の悪化」は、血液検査項目のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼやアラニンアミノトランスフェラーゼ、γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)等3種類の値で診ることができますが、特にここ2、3年肝臓の機能が悪化している日本人が明らかに増加傾向にあるそうです。

めまいは診られないのに、不愉快な耳鳴りと難聴の症状だけを幾度も繰り返すケースのことを区別して「蝸牛型メニエール氏病」と呼ぶような症例もあるようです。

通行中の交通事故や高所からの転落事故など、強大な圧力が体にかかった場合は、複数の箇所に骨折がもたらされてしまったり、骨が外に突き出る開放骨折となったり、ひいては内臓が損傷することもままあります。

胃食道逆流症の一種である逆流性食道炎は、4~5日くらいちゃんと薬を飲めば、大抵、多くの患者さんの自覚症状は改善しますが、かといって食道の粘膜の炎症反応が全快したことを意味しないので留意してください。

30~39才までの間に更年期になったら、医学用語で表すと「早発閉経(そうはつへいけい・POF)」という病のことを指します(日本においては40歳以下の比較的若い女の人が閉経するケースを「早期閉経」と称します)。

脂漏性皮膚炎という皮膚病は皮脂分泌の異常によって起こる発疹・発赤で、皮脂分泌の異常の主因としてステロイドホルモンの一種である性ホルモンの不均衡やリボフラビンなどビタミンBコンプレックスの不足等が大きいと考えられているのです。

男性だけにある前立腺という生殖器はその成長や働きにアンドロゲン、即ち雄性ホルモンがとても深く関連しており、前立腺に現れた癌も同じように、アンドロゲン、即ち男性ホルモンの作用を受けて大きくなります。

好気性桿菌のひとつである結核菌は、感染した人がゴホゴホと「咳」をすることによって外気の中に排出され、空気中でフワフワと動いているのを別の誰かが呼吸の際に吸い込むことでどんどん感染していきます。

子どもの耳管の作りは、大人に比べると幅が広くて短めの形状で、なおかつ水平に近いため、雑菌が入り込みやすくなっているのです。

子どもがよく急性中耳炎に罹るのは、このためだと言われています。

チェルノブイリ原発の爆発事故に関する数十年に及ぶ後追い調査の結果によると、成人と比較して未成年のほうが放出された放射能の害をより受けやすいことが判明しています。

ジェネリック医薬品というのは新薬の特許切れの後に売られ、新薬と同一の成分で経済的負担が少ない(価格が高くない)後発医薬品のことで、近年浸透しつつあります。

車の事故や高所からの転落事故

車の事故や高所からの転落事故など、非常に大きな圧力がかかった場合は複数箇所に骨折が発生したり、骨が外部に突出する開放骨折となったり、重症の場合は内臓が損壊することも考えられます。

必要な栄養を網羅した食事を1日3回とることや体を動かすことは無論、肉体や精神の健康や美容を目的とし、栄養を補うために色々なサプリを飲む事が普通になったようです。

毎日横向きになったままテレビ画面を眺めていたり、片手で頬杖をついたり、かかとの高い靴等を履くという習慣は身体の左右のバランスが乱れる因子になります。

ジェネリックという医薬品というのは新薬の特許が失効した後に発売されるもので、等しい成分で負担を下げられる(金額が安い)後発医薬品のことを指します。

学校や幼稚園等大規模な団体生活をするにあたって、花粉症が原因で他のみんなと同様に外で思う存分活動できないのは、患者さんにとっても悔しいことです。

ストレスが溜まっていく経過や手軽で有効なストレス対処策など、ストレスというものの正確な知識を学んでいる方は、多くはありません。

めまいが現れず、苦痛を伴う耳鳴りと難聴の症状だけを何度も発症するケースの事を「蝸牛(カタツムリ)型メニエール氏病」という病名で診断する症例もあるとのことです。

PCモニターの細かなチラつきを軽減させる効果のあるPC専用の眼鏡が大変人気を博している訳は、疲れ目の予防にたくさんの方が関心を寄せているからだと思っています。

ご高齢の方や慢性的に病気のある方などは、より肺炎に罹患しやすくなかなか治らない傾向にあるため、予防策の実施や早め早めの手当が必要です。

高熱が出る季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、今までの研究によって、ワクチンの効果が期待されるのは、ワクチンを注射した約14日後から約150日位と考えられているようです。

AED(Automated External Defibrillator)というのは医療資格を持っていない方でも使用可能な医療機器で、AEDからの音声ガイダンスの手順通りにおこなうことで、心室細動に対しての緊急処置の効果を実現します。

「肝機能の衰退」は、血液検査項目のGOTやGPT、γ-GTP等3種類の値によって判断できますが、ここ2、3年肝機能が衰えている人数が増加していると言われています。

基礎代謝は人間が横たわっていても燃焼するエネルギーのことを指していて、その大部分を骨格筋・臓器の中で一番大きな肝臓・頭部の脳で使っているということです。

AIDS(エイズ)というのはHIV(ヒト免疫不全ウイルス)の感染が原因となって罹患するウイルス感染症であって、免疫不全を引き起こし健康体では感染しにくい病原体による日和見感染やがん等を複数発症してしまう症候群の事を指し示しています。

日々の折り目正しい暮らしの維持、腹八分目を心がけること、無理のないスポーツ等、アナログとも言える身体に対する意識が肌の老化防止にも活用されるといえます。

動脈硬化を未然に防ぐコツ

塩分と脂肪の摂取過多を中止して軽い運動を行い、ストレスのかかり過ぎない毎日を意識することが狭心症を引き起こす動脈硬化を未然に防ぐコツだといえます。

鍼灸用の針を痛みの発生源に刺す、という物体的な多数の刺激は、神経細胞を活性化して、神経インパルスと呼ばれている謂わば電気信号伝達を招くという見解が一般的です。

うつ病は脳内で分泌される神経伝達物質のセロトニンが不足した結果、不眠、気分の落ち込み、強い倦怠感、食欲の低下、焦り、顕著な意欲の低下、希死念慮、そして重症の場合自殺企図など様々な症状が2週間以上続きます。

栄養バランスのいい食事を1日3回とることや運動は当然ですが、心身双方の健康やビューティーのために、特に欲しい栄養を補うために色々なサプリメントを採用する事が常識になっているそうです。

「あまりにも忙しい」「うっとうしい様々なお付き合いが苦手」「テクノロジーや情報の進化になかなか追いつけない」など、ストレスがのしかかる要因は人によって異なるようです。

花粉症の病状(鼻水、鼻詰まり、クシャミなど)のせいで夜しっかり睡眠を取れないと、そのせいで慢性的な睡眠不足に陥り、翌朝からのすべての活動にダメージを及ぼすことがあります。

急性中耳炎(Acute otitis media)とは、最も多い中耳炎で幼い子供によく起こる病気です。耐え難い耳痛や38度以上の高熱、ひどい鼓膜の炎症、耳漏(耳垂れ)などの様々な症状が現れます。

クシャミ、鼻みず、鼻詰まりに目の痒み・ゴロゴロする異物感などの花粉症の嫌な症状は、アレルギーを引き起こす花粉の放出される量に比例するかのように悪くなってしまう特徴があると知られています。

自動体外式除細動器(AED)というものは医療資格を持っていない一般人でも使用する事のできる医療機器で、機器から流れる音声ガイダンスに従って処置することで、心臓が小刻みに振動する心室細動に対する応急処置の効き目を実現します。

複雑骨折により大量出血した時は、低血圧になって眩冒や体が急速に冷えるように感じる冷や汗、吐き気、座っていても起こる意識消失などのいろんな脳貧血の症状が誘引されるケースもあります。

くも膜下出血(SAH)とは9割近くが「脳動脈瘤」と呼ばれる脳の血管にできる不要な瘤(こぶ)が裂けてしまう事が理由となって起こる致死率の高い病気だということを多くの人が知っています。

亜鉛は、遺伝情報(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に作用する特別な酵素や、細胞・組織の活動に関わっている酵素など、約200種類以上も存在する酵素を構成する成分として外せないミネラルの一種なのです。

過飲過食、体重過量、喫煙、運動不足、遺伝、不規則な生活、精神的・肉体的なストレス、加齢など複数の原因によって、インスリン分泌が減少したり、働きが悪くなったりして日本人の糖尿病の95%を占める2型糖尿病を発病します。

ビタミンB6には、あのアミノ酸をクエン酸回路と呼ばれているエネルギー源を燃やすのに欠かせない回路に組み込ませるために再びクラッキングさせるのを支える働きもあるのです。

めまいは出ないのに、不愉快な耳鳴りと難聴を複数回発症するケースのことを区別して「蝸牛(かぎゅう)型メニエル病(Cochlear Meniere’s Disease)」と診断することもあるようです。

女性の卵巣がん

悪性の腫瘍である女性の卵巣がんは、通常なら人の体を癌にさせない役目を果たす物質を分泌するための金型ともいえる遺伝子の異常が原因でかかってしまうということが分かっています。

体重過多に陥っている肥満というのは大前提として摂取する食物の内容や運動不足が要因ですが、量は変わらないごはんであれ、せっかちに食べ終わる早食いを日常化することにより肥満(obesity)の状態を招く恐れがあります。

何かを食べる時は、食べたいと感じた物をなんとなく口に運んで幾度か噛んで飲み下して終わりだが、その後も身体はまことに律儀に活動し続けて異物を人体に取り入れるように努めているのだ。

AIDSというのはHIV、すなわちヒト免疫不全ウイルスの感染が原因のウイルス感染症の事であり、免疫不全に至り些細な真菌などによる日和見感染や悪性新生物等を併発してしまう症候群のことを称しています。

吐血(とけつ)と喀血(かっけつ)は口腔から血を吐くことに変わりはありませんが、喀血は喉から肺に達している気道(きどう、呼吸器)からの出血のことであり、吐血は十二指腸より上にある消化管からの出血のことを言い表しているのです。

スギ花粉症などの症状(鼻水、鼻詰まり、クシャミなど)のために夜間よく眠れない場合、それが要因で慢性的な睡眠不足となり、次の日の行動性に思わしくない影響を与えることもあります。

うつ病は脳の中で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが足りなくなり、憂うつ感、なかなか寝付けない不眠、強い疲労感、食欲低下、5kg以上の体重減少、焦り、意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、そして重症の場合自殺企図など様々な症状が2週間以上続くのです。

自分で外から観察しただけでは骨折しているのかどうか判別できない場合は、怪我をした所の骨を優しく指で触ってみて、もしそこに強い痛みを感じたら骨が折れているかもしれません。

トコトリエノールの作用としては酸化を防ぐ働きが一段と認知されていますが、加えて肌をきれいに保つ効果や、血清コレステロールの生産を抑えることが知られています。

期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、健康体にも症状が現れることがあるのでさほど珍しい病気ではないにしても、発作が数回絶え間なく発生する場合は危険なのです。

脂漏性皮膚炎という病気は皮脂の分泌異常が原因で起こる発疹・発赤で、皮脂分泌が異常をきたす要因としてはアンドロゲンと女性ホルモンの均衡の崩れ、ナイアシンなどビタミンB複合体の慢性的な欠乏などが関わっています。

胸痛を主訴とする狭心症の外科処置としては大半の病院で「大動脈内バルーンパンピング法(IABP)」もしくは「冠動脈大動脈(かんどうみゃくだいどうみゃく)バイパス手術」の両者の手段が高い確率で活用されています。

自動体外式除細動器(AED)というものは医療従事者ではない方でも使用可能な医療機器で、本体からの音声ガイダンスの通りに行動することで、心臓が細かく震える心室細動に対しての治療の効力をいかんなく発揮します。

「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」というのは、全身の脂肪が占有している率のことを指し、「体脂肪率(パーセント) = 体脂肪量(somatic fat volume、キロ)÷体重(キログラム)×100」という式によって把握できます。

ちょっとした捻挫と自己判断してしまい、包帯やテーピングテープでとりあえず患部を固定し、様子を見るのではなく、応急処置が終わったら急いで整形外科医に診てもらうことが、早く根治させる近道となるでしょう。

学校や幼稚園等の集団行動

学校や幼稚園等の集団行動をしている中で、花粉症のせいでクラスのみんなと一緒にめいっぱい身体を動かせないのは、当事者にとっても辛いことです。

緊張型頭痛というのはデスクワークなどでの肩こりや首筋のこりが素因の最も多いタイプの頭痛で、「ギュッと締め付けられるような激しい痛さ」「重くてたまらないような鈍い痛み」と言い表されています。

胸焼けが主訴の逆流性胃腸炎は、3~4日くらいきちんと薬を飲めば、原則的に9割近くの患者さんの自覚症状は消えてなくなりますが、かといって食道粘膜の傷みや炎症が癒えたわけではないので気を付けましょう。

我が国における結核への対策は、1951年に施行された「結核予防法」に準拠しておこなわれてきましたが、56年後の2007年からは異なる感染症と同じく「感染症新法」という法律に基づいて遂行される運びとなりました。

吐血(とけつ)も喀血(かっけつ)も口からの出血に変わりはありませんが、喀血の方は喉から肺を繋ぐ気道(きどう、呼吸器の一つ)から出血する症状で、吐血とは十二指腸(無腸間膜小腸)より上にある消化管から出血する状態を指しています。

流感とも呼ばれるインフルエンザに対応した予防法や医師による処置といった必ず行われる措置は、それが例え季節性のインフルエンザであっても未知なる新型のインフルエンザでも一緒です。

虚血性心疾患の一つである狭心症の外科手術では「大動脈内バルーンパンピング法」もしくは「大動脈冠動脈バイパス手術」の二者の手術がよく利用されています。

「沈黙の臓器」とも言われる肝臓に脂肪やコレステロールが蓄積した脂肪肝(steatosis hepatis)は、動脈硬化や狭心症といったありとあらゆる疾病を招く可能性があります。

70才以上の高齢者や慢性的な持病を患っている人などは、ことさら肺炎を発症しやすくて完治までに時間がかかる傾向があるため、常日頃から予防する意識や早め早めの手当が大事です。

耳鼻咽喉科の領域の花粉症とは、山林のスギやヒノキ、ブタクサなどの様々な植物の花粉が因子となって、くしゃみ・皮膚のかゆみ・ノドの痛み・鼻みずなどの辛くてゆううつなアレルギー症状を示す病気として認識されています。

自動車事故や山での転落など、とても大きな力がかかった場合は、複数の箇所に骨折が齎されたり、骨が外部に露出する開放骨折となったり、重症の場合は内臓が破裂することもままあります。

フィトケミカル(phytochemical)の類であるイソチオシアネート類のスルフォラファン(sulforaphane)という有機硫黄化合物について、肝臓が分泌する解毒酵素の機能的な産出を促しているかもしれないという事実が見えてきました。

薬やアルコール、科学的に合成された食品添加物などの物質を酵素で分解し、無毒化する作用を解毒(げどく)と称し、多機能な肝臓の非常に大切な役目の一つであることは間違いありません。

チェルノブイリ原子力発電所の爆発事故の数十年に及ぶ被害者の追跡調査の結果では、成人に比べると体の小さな未成年のほうが飛来した放射能の有害な影響をより受容しやすいことが読み取れます。

ストレスがかかり、蓄積してしまう経過や有用な抗ストレス方法など、ストレスというものの深い知識を勉強しようとする人は、現時点ではまだ多くないようです。

汗疱(汗疱状湿疹)

汗疱(汗疱状湿疹)は主に掌や足裏、または指と指の間などにちっちゃな水疱ができる皮膚病で、広くは汗疹(あせも)と呼ばれ、足の裏に出てくると水虫と思い込まれることが結構あります。

2005(平成17)年より新しくトクホ(特定保健用食品・とくていほけんようしょくひん)のパッケージに「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」との文章の表示が食品メーカーに義務付けられている。

30~39才の間に更年期になるなら、医学的な用語では「早発閉経(早期閉経)」という女性疾患のことを指します(日本の場合は40才未満の女性が閉経する状態を「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」と定義しています)。

杉花粉症などの病状(水っ洟、鼻詰まり、クシャミ等)のために夜しっかり睡眠を取れないと、それが要因で慢性の睡眠不足に陥り、翌日起きてからの活動に悪いダメージを与えることも考えられます。

胸部圧迫感を主訴とする狭心症(angina pectoris)の外科的な措置では大方の病院で「大動脈内バルーンパンピング(IABP)」もしくはグラフトを用いる「冠動脈バイパス術(CABG)」という2つの異なる治療が頻繁に扱われています。

健康を推進する世界保健機関は、人体に有害なUV-A波の著しい浴び過ぎが皮膚病を起こす可能性が高いとして、18歳以下の若者がファッション感覚で日サロを使用する活動の禁止を先進国に提案しています。

塩分と脂肪分の摂り過ぎを控えた上で続けられる運動を心がけ、ストレスのかかり過ぎない日常生活を心がけることが狭心症の要因となる動脈硬化を事前に防ぐコツなのです。

数あるギプスの中でもグラスファイバー製のものは、丈夫で重くなくて長期間の使用に耐えることができ、濡らしてもふやけずに使用できるという特長があるので、今のギプスの定番製品だと言っても過言ではありません。

毎日肘をついて横向きになったままテレビを見つめていたり、片手で頬杖をついたり、ハイヒール等を毎日履くというようなことは体の左右のバランスが崩れる大きな誘因になります。

コンサートやライブなどの開催場所や踊るためのクラブハウスなどにある特別仕様の大型スピーカーの隣で大きな音を聞き続けて耳が遠くなってしまうことを「急性音響性難聴(きゅうせいおんきょうせいなんちょう)」と呼んでいるのです。

ヘルニアというものは正しくは椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)といい、背骨と背骨の間で緩衝材に近い役目を持っている椎間板(ついかんばん)という円形の組織が飛び出してしまった状態の事を表しています。

チェルノブイリ原発の爆発事故に関するその後の後追い調査の結果からは、成人に比べると体の小さな未成年のほうが漏れた放射能の悪い影響をより受けやすいことがわかっているのです。

AED(Automated External Defibrillator)とは医療資格を保持していない人にも使える医療機器で、本体から発せられる音声ガイダンスの手順に沿って処置することで、心臓が細かく震える心室細動に対しての応急処置の効き目をみせてくれます。

薬、酒に含まれるアルコール、合成乳化剤を始めとした食品の添加物などを特殊な酵素によって分解して無毒化する働きの事を解毒(げどく)と呼んでおり、多機能な肝臓の果たす大事な仕事の一つだということは間違いありません。

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)を持った精液、血液を始め、腟分泌液、母乳、唾液などの体液が、乳飲み子や交渉相手などの傷口や粘膜等に接触した場合、感染の危険性が高くなってくるのです。

現代のオペ室

現代のオペ室には、お手洗いや器械室、手術準備室を設けさせ、オペ中に患者を撮影できるX線装置を備えておくか、そうでなければ付近にレントゲン用の専門室を作るのが慣例となっている。

UV-B波は、UV-A波に比べて波長が短いという特徴があり、オゾン層を通過する際にその一部が吸収されるものの、地表まで達したUV-B波は肌の表皮の中で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、遺伝情報)を損壊させたりして、肌に悪い影響を与えます。

めまいが出ず、不愉快な耳鳴りと難聴の2つの症状を数回繰り返すケースを区分けして「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メニエル病」という事があるということはあまり知られていません。

自分で外から観察しただけでは折ったかどうか判別できない時は、ケガをした部位にある骨を少しだけプッシュしてみて、そのポイントに激しい痛みがあれば骨折かもしれないので、すぐ病院へ行きましょう。

ふと気が付くと横向きの状態でテレビを視聴していたり、ほっぺたに頬杖をついたり、踵の高い靴等を毎日のように履いたりというようなことは体の均衡を悪化してしまう元凶になります。

「時間に追われているように忙しい」「わずらわしい色々な人間関係が嫌でしょうがない」「あらゆるテクノロジーや情報の著しい進歩になかなか追いつけない」など、ストレスが溜まる状況はみんな異なります。

ばい菌やウィルスなど病気を発生させる病原微生物、すなわち病原体が口から肺に侵入して罹患し、片方もしくは両方の肺が炎症反応を起こした様子を「肺炎」と総称しています。

耳鳴りには性質の異なる2種類が存在し、当事者にしか聞こえないのが特徴の「自覚的耳鳴り」と、血液の流れる音のように本人以外の人にも品質の高いマイクロホンを利用したりすると響いてくるという「他覚的耳鳴り」とがあり、処置の仕方が変わります。

塩分や脂肪分の摂取過多を控えた上で自分に合った運動に励み、ストレスのかかり過ぎないような日常生活を続けることが狭心症の主因となる動脈硬化を防ぐ方法だといえます。

うす暗い場所だと光不足によってものが見えづらくなりますが、より一層瞳孔が開くため、眼のピントを合わせるのに多くの力がかかってしまい、光の入る所でものを見るよりも疲れるのが早くなります。

不整脈である期外収縮の場合、健康でも出現することがあるため緊急の心臓病ではないといわれていますが、短い期間で発作が絶え間なく出るケースは危ないといえます。

音楽会やライブなどの開催される場内や踊るためのクラブハウスなどに設けられたすごく大きなスピーカーの真正面で大きな音を浴び続けて耳が聞こえづらくなることを「急性音響性難聴」と言うのです。

吐血と喀血、いずれも口から血を吐くことに違いはありませんが、喀血の方は喉から肺に続く気道(呼吸器…respiratory system)からの出血のことであり、吐血とは無腸間膜小腸より上部の消化管から血が出ることを指します。

「肝機能の悪化」は、血液検査のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)などの数値によって判断することができますが、ここ最近では肝機能が衰えている人達が増加傾向にあるということが注目されています。

メタボリックシンドロームであるとは言われなかったとしても、内臓に脂肪が多く蓄積しやすいパターンのよくない体重過多を抱えてしまう事で、数多くの生活習慣病を招く可能性が高まります。

ジェネリック医薬品(generic drug)とは

ジェネリック医薬品(generic drug)とは新薬の特許が無効になってしまった後に発売されるもので、新薬と同じ成分で経済的な自己負担を下げられる(薬の金額の高くない)後発医薬品のことで、広く知られるようになりました。

自動体外式除細動器(AED)というのは医療資格を持たない普通の人でも利用する事のできる医療機器で、機器から流れる音声ガイダンスに従って動くことで、心臓の心室細動に対しての応急処置の効果を患者に与えます。

現在、若年層で結核菌(けっかくきん)に抗えるだけの免疫力、すなわち抵抗力を持たない人達の割合が高いことや、早合点のために診断が遅れることによる集団院内感染(アウトブレイク)が増えています。

スギ花粉症などの緒症状(鼻みず、鼻詰まり、連発するクシャミなど)のために夜間しっかり眠れない場合、それが因子になって慢性の睡眠不足になり、翌日目覚めてからの業務の遂行に良くない影響を及ぼすことがあります。

脳卒中のくも膜下出血(SAH)はそのほとんどが「脳動脈りゅう」と呼ばれる血管にできたコブが裂けて脳内出血する事が理由となって罹患してしまう致死率の高い病気だと認識されています。

メタボリック症候群であるとは診断されなかったとしても、臓器に脂肪が蓄積してしまう型の悪い肥満を抱えてしまうことにより、数多くの生活習慣病を招きやすくなります。

脳内の5-HT神経は、自律神経のバランスの調整や痛みの制圧、あらゆる覚醒現象などを操っており、単極性気分障害(うつ病)の患者さんはその働きが低減していることが判明しているのだ。

陰金田虫(いんきんたむし)は20~30代の男の人多く見られる傾向があって、大抵の場合は股間部にのみ拡大し、運動をしたり、入浴した後など体がポカポカ温まると強烈な痒みに襲われます。

鍼灸のハリを患部に刺してもらう、という物的な複数の刺激が、神経細胞を興奮させて、神経インパルスという呼称の要するに電気信号伝達をもたらすという見解が広まっています。

PC使用時の青い光を低減するレンズの付いたメガネがいま最も人気を集めるのは、疲れ目のケアにたくさんの人が四苦八苦しているからだと推測することができます。

男性だけにある内臓の前立腺はその成長や活動にアンドロゲン、すなわち男性ホルモンがとても密接に関わっていて、前立腺に現れてしまった癌も同じように、雄性ホルモン(男性ホルモン)の影響で肥大化します。

現代の病院のオペ室には、W.C.や専用の器械室、手術準備室を設置し、オペ中に撮影できるX線装置を付けるか、そうでなければ付近にX線のための専門室を準備するのが慣例だ。

高血圧の状態が長期間継続すると、全身の血管に大きな負担となり、頭の先から足の先までいろんな血管に障害が起こって、合併症を招いてしまう可能性が拡大するのです。

70代以上の高齢者や慢性的な病をお持ちの方などは、殊に肺炎になりやすくて治るのが遅いという傾向にあるので、予防に対する意識やスピーディな手当が大切です。

万が一婦人科の検査で現在エストロゲンなどの分泌量が基準値よりも少なく早期閉経だと分かったら、不十分な女性ホルモンを補ってあげる医術などで緩和することができます。

スギ花粉症などの症状

スギ花粉症などの症状(水っ洟、鼻詰まり、くしゃみなど)のせいで夜よく眠れない場合、そのせいで慢性の睡眠不足になり、次の日目覚めてからの業務の遂行に悪い影響を与えるかもしれないのです。

PC使用時のチラつきを低減するレンズの付いた専用眼鏡がことさら人気を博しているのは、疲れ目の手当に多くの人が惹かれているからだといえます。

グラスファイバー製ギプスは、大変強靭で軽いのに耐久性に優れ、水に濡れてしまっても壊れずに使用できるという長所があり、今のギプスの第一選択肢と言っても過言ではありません。

演奏会の開催される場内やクラブハウスなどに置かれた大きなスピーカーの真ん前で大音量を聞き続けて難聴になる症状を「急性音響性聴器障害(きゅうせいおんきょうせいちょうきしょうがい)」と呼んでいます。

通常は水虫といえばまず足を連想し、中でも足の裏に発症する病気だという認識が広まっていますが、原因菌である白癬菌が感染するのは足だけに留まらないので、全身どこにでも感染してしまう恐れがあるので注意してください。

鍼灸用のハリを刺してもらう、という直接的な程よい複数の刺激は、神経細胞を活性化して、神経インパルスという呼称のいわば電気信号の化学伝達を起こすのではないかという考えが浸透しています。

春に患者が増える花粉症とは、杉やヒノキ、マツなどの虫によって媒介されない花粉が元凶となり、くしゃみ・目のかゆみ・頭重感・微熱・鼻みずなどのゆううつなアレルギー症状を呈する病気として認識されています。

骨を折ってかなり出血してしまった状態では、急に低血圧となって周囲が揺れ動いてみえるようなめまいや体が急速に冷えるように感じる冷や汗、悪心、座っていても起こる気絶などの色々な脳貧血症状があらわれることがあります。

最も大きな内臓である肝臓に中世脂質や食物由来コレステロールが付着した状態の脂肪肝(しぼうかん、steatosis hepatis)は、肝硬変や脳梗塞を始めとした多種多様な合併症を誘発するかもしれません。

めまいは診られないのに、長時間続く耳鳴りと難聴の2つの症状を数回繰り返す症例の事を区別して「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メニエール病(Cochlear Meniere’s Disease)」と呼ぶような場合もあるとのことです。

うつ病は脳の中で分泌される神経伝達物質のセロトニンが足りなくなり、憂うつ、なかなか入眠できない不眠、著しい倦怠感、食欲低下、5kg以上の体重減少、強い焦り、意欲の低下、そして重症の場合自殺企図などの深刻な症状が現れ、2週間以上続きます。

栄養バランスの取れた食事を1日3回とることや運動は勿論、身体の健康やビューティーのために、欲しい栄養を補うために色々なサプリを飲用する事が珍しくなくなっているそうです。

肥満というのは当然食生活の質や運動不足などが要因ですが、量の等しいごはんでも、急いで食べ終わる早食いをすることによって肥満の状態を招きやすくなると考えられています。

「あまりにも多忙だ」「気を遣ういろんな付き合いが苦手だ」「あらゆる先端技術や情報の進化になかなか追いつけない」など、ストレスが蓄積されてしまう元凶はみんな違います。

ビタミン欠乏症である脚気(かっけ)の症状は、両手両足がしびれたり脚のむくみなどがよく訴えられ、病状が進行してしまうと、最も深刻なケースでは呼吸困難に至る心不全などを起こす可能性があるようです。

肥満(obesity)の状態

肥満(obesity)の状態というのはもちろんあくまで摂取する食物の栄養バランスや運動不足が因子になっていますが、量の変わらない食事をとっていても、かきこむように食べ終わる早食いを続けていれば体重過多に陥っている肥満(obesity)の状態を招きやすくなると言われています。

PC使用時の細かなチラつきを低減するレンズの付いた眼鏡が大変人気を集める理由は、疲れ目の対策法に大勢の方々が興味を持っているからです。

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)とは皮脂の分泌異常が要因で現れる湿疹で、分泌が乱れる因子として性ステロイドホルモンの不均衡、リボフラビンなどビタミンBコンプレックスの枯渇などが大きいと言われているのです。

AEDというのは医療資格を持たない一般の人でも取り扱うことのできる医療機器で、機器から発せられる音声ガイダンスの手順に従って使うことで、心臓が小刻みに振動する心室細動の絶大な治療効果を与えます。

くしゃみ、鼻水、鼻詰まりに目のかゆみ・異物が入っているような感覚などの花粉症の辛い諸症状は、アレルギーを誘発する花粉の放出される量に比例するかのように悪くなるという特性があるとわかっています。

亜鉛は、デオキシリボ核酸(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に関係する特別な酵素や、細胞・組織などの活動に欠かせない酵素など、200種類以上も存在する酵素を構成する要素として絶対なくてはならないミネラル分です。

環状紅斑というものは環状、所謂円い形をした真紅色の発疹や湿疹など、様々な皮膚疾患の総合的な病名であり、理由は誠に多種多彩だということができます。

大体は水虫といえばまず足を連想し、特に足指の間に発症する皮膚病だと捉えられていますが、白癬菌が感染する所は決して足だけではないので、人の体ならどの部分にも感染する可能性があるのです。

ポリフェノール最大の特長は水溶性であるビタミンCや脂溶性であるビタミンEなどとは違って、細胞の間の水溶性部分、脂溶性部分、ひいては細胞膜でも酸化を遅れさせる作用に優れています。

塩分と脂肪分の摂り過ぎは避けて運動に努めるだけでなく、ストレスの少ない毎日を心がけることが狭心症の要因となる動脈硬化を防ぐ知恵です。

歳を重ねることに縁る耳の聞こえにくさにおいてはゆっくりと聴力が落ちていきますが、大半の人は60歳を超えてからでないと耳の衰えをあまり自認できないものです。

食中毒を起こすことで有名なブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」の意)はグラム染色で紫色になるグラム陽性球菌で、毒が非常に強い黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus)と毒が脆弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)が挙げられます。

日常的に横向きになったままTVを視聴していたり、思いっ切り頬杖をついたり、ハイヒールなどを毎日履いたりという習慣は身体の左右のバランスを悪くしてしまう要因になります。

鍼灸の鍼を体に刺す、という物体的な何か所もの刺激は、神経細胞を活性化し、神経インパルスと呼ばれる要は電気信号の伝達を発起させると言われているのです。

子どもの耳管の仕組みは、大人の耳管と比較して太い上に短くなっており、加えて水平に近いため、様々な細菌が潜り込みやすくなっているのです。乳幼児が急性中耳炎を発病しやすいのは、この作りが関係しています。

くも膜下出血(SAH)

くも膜下出血(SAH)はその80%以上が「脳動脈りゅう」と呼ばれる脳の血管の不要な瘤(コブ)が裂けて脳内出血することが理由となって引き起こされてしまう命にかかわる病気なのです。

脂漏性皮膚炎という病気は皮脂分泌の異常が主因で発病する湿疹で、分泌がおかしくなる主因としてはステロイドホルモンの一種である生殖ホルモンのバランスの崩れ、V.B.コンプレックスの枯渇等が大きいと言われているのです。

グラスファイバー製ギプスは、非常に強靭で重くなくて長期間使うことができ、シャワーなどで濡れてもふやけずに使用できるというメリットがあり、いまのギプスの中でも王道だと言えるでしょう。

お薬やアルコール、化学調味料を始めとした食品の添加物などの物質を酵素で分解し、無毒化する機能を解毒と呼び、多機能な肝臓の非常に重要な機能のひとつだということは間違いありません。

WHO(World Health Organization、世界保健機関)は、人体に有害な紫外線A波の異常な浴び過ぎは皮ふ疾患を誘引するとして、19歳未満の男女が肌を黒くする日サロ(日焼けサロン)を利用する行動の禁止を広く世界各国に求めている最中です。

環状紅斑は環状、要は輪っかのようなまるい形をした紅い湿疹や鱗屑(りんせつ)など、皮ふ症状の総合的な名前で、その理由はまったくもって多種多様ということで知られています。

アルコールをクラッキングする力があるナイアシンは、宿酔に効果的です。苦しい宿酔の誘引物質だといわれるエタナール(アセトアルデヒド)という物質の分解に作用しています。

植物に存在する化学物質、フィトケミカル(phytochemical)の類であるスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれている揮発性の有機硫黄化合物が、肝臓の持つ解毒酵素の効率的な発生を助けているのではないかという真実が明らかになってきました。

老化が原因の耳の聞こえ辛さはちょっとずつ聴力が低下していくものの、普通還暦を超えてからでないと聴力の減退をなかなか自覚できないものです。

「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」というのは、人体の中の脂肪の占めているウェートを指しており、「体脂肪率(body fat percentage、%)=体脂肪量(somatic fat volume、キロ)÷体重(body weight、キロ)×100」という数式によって確認できます。

よく耳にする心筋梗塞というものは心臓の周囲にある冠動脈の動脈硬化によって血管の中の空間が狭まり、血液の流れが途切れ、必要な酸素や栄養が心筋まで送られず、筋線維そのものが壊死する恐ろしい病気です。

肝臓を健康な状態にキープするには、肝臓の解毒する力が下がらないようにすること、分かりやすく言うと、肝臓を老けさせない対策をおこなうことが必要なのです。

下腹の痛みが主訴となる病気の一例として、大腸に憩室が多発する大腸憩室症、石ができる尿路結石症、完治が難しい潰瘍性大腸炎、緊急性の高い急性腹膜炎、女性特有の病気など、色々な病名が聞かれるようです。

「肝臓の機能の低下」は、血液検査項目のGOTやGPT、γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)など3種類の数値で確認できますが、近頃肝機能が悪化している日本人の数がだんだん増えているということが危険視されています。

エネルギーとして瞬時に機能する糖質、人の細胞の新陳代謝に必ず要るタンパク質など、度の過ぎた痩身ではこの2種類に代表される体を維持するために外すことのできない栄養までもを乏しい状態にしている。

骨折しているかどうか

素人が外から眺めただけでは骨折しているかどうか区別がつかない場合は、違和感の残る所の骨をごく弱い力で触ってみてください。その箇所に強い痛みが響けば骨が折れているかもしれないので、すぐ病院へ行きましょう。

日本における結核対策は、1951年に誕生した「結核予防法」に拠っておこなわれてきましたが、56年後の2007年から違う感染症と一緒に「感染症新法」に準拠して実行されることに決まったのです。

クモ膜下出血(SAH)は9割弱が脳動脈りゅうと言われる脳内の血管にできた不要なこぶが破裂してしまう事によってなる病なのです。

暴飲暴食、太り過ぎ、喫煙、運動不足、不規則な生活、日々のストレス、老化といった複数の原因が絡むと、インスリン分泌が鈍くなったり、働きが鈍化したりして生活習慣病に属する2型糖尿病(ICD-10:E11)に罹患することになります。

グラスファイバーで製造されたギプスは、非常に強靭で軽量な上にとても長持ちし、濡れてしまっても使い続けられるという特長があり、現在採用されているギプスの王道と言っても過言ではありません。

生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓(すいぞう)に存在するインスリンの源であるβ細胞が何らかの理由で破壊してしまうことが原因となり、結果として膵臓から必要量のインスリンが分泌されなくなってしまって発病してしまう種類の糖尿病です。

基礎代謝というのは人間が何もせずにじっとしていても燃焼してしまう熱量のことで、5割以上を体中の骨格筋・臓器の中で最も大きな肝臓・頭部の脳で消費するということはあまり知られていません。

ダイエットに没頭するあまり1日の総カロリーを抑制する、あまり食べない、こんな暮らしを続けると栄養までもを不足させ、深刻な四肢の冷えを齎していることは、盛んに言われていることなのです。

男性だけにある前立腺という生殖器は生育や働きにアンドロゲンがとても深く関係し、前立腺に出現してしまった癌も同じく、雄性ホルモン(男性ホルモン)の働きを受けて大きくなります。

陰金田虫とは、医学的には股部白癬(こぶはくせん)という病名を持ち、かびの一種の白癬菌が股部、陰嚢(いんのう)、お尻などの部分に感染してしまい、定着した病気であり即ち水虫です。

植物栄養素とも言われるフィトケミカルの一つのスルフォラファンというブロッコリーに含まれている揮発性の物質が、肝臓の持つ解毒酵素そのものの正常な産出を支えているのではないかという新たな事実関係が見えてきました。

肝臓を元気な状態に保つには、肝臓の毒素を無毒化する作用が衰退しないようにする、分かりやすく言うと、肝臓の老化対処法に地道に取り組むことが重要だと言われています。

心筋梗塞というものは心臓の周囲にある冠動脈の動脈硬化により血液の通り道である血管の中が狭まり、血液の流れが止まり、大事な酸素や栄養が心筋に配達されず、筋細胞そのものが壊滅状態になる大変恐ろしい病気です。

従来の生ワクチンにかわり、2012年9月1日から原則無料で接種することができる定期接種になることによって、集団接種ではなく病院などで接種するという個別接種の扱いに変わりましたのでご注意ください。

世界保健機関(World Health Organization)は、UV-A波の異常な浴び過ぎが皮膚の病気を起こす可能性が高いとして、18歳以下の男女が日サロ(日焼けサロン)を使う行為の禁止を強く推奨しています。

トコトリエノールの機能

トコトリエノールの機能としては抗酸化機能が特に認知されていますが、加えて美肌作用や、血清コレステロールの産出を抑えたりすることが認められています。

現在、若い世代で長期間咳が続く結核(けっかく)に抗えるだけの免疫力を持っていない人々の割合が高くなったことや、早合点のために受診が遅れることが素因の集団院内感染が増えています。

多くの人に水虫イコール足、中でも足指の間に現れやすい病気だと思われていますが、白癬菌が感染する部位は足しかないのではなく、人の体ならどこにでも感染するという可能性があるので注意してください。

塩分や脂肪分の摂取過多は控えて続けられる運動を心がけるだけでなく、ストレスを蓄積しすぎないような毎日を心がけることが狭心症の素因である動脈硬化を未然に防止する知恵なのです。

学校や幼稚園のような団体行動をするにあたって、花粉症の症状のせいで友達と等しくエネルギッシュに活動できないのは、本人にとって残念なことです。

悪性の卵巣腫瘍である女性の卵巣がんは、本来、ヒトの身体をガンから護る作用を持つ物質を分泌するための型ともいえる遺伝子の異常が引き金となり罹患すると言われています。

乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、長年使用されてきた生ワクチンにかわる新しい手段として、平成24年9月以降は原則無料で受けることのできる定期接種となるため、集団接種ではなく小児科などで個々に受けるスケジュール管理の必要な個別接種に変わりました。

痩せたいためにカロリーを抑制する、食べる量が少ない、といったライフスタイルが結果として栄養をも不足させ、慢性的な冷え性を誘発していることは、色んな媒体で問題視されています。

食中毒を起こすことで知られるブドウ球菌(スタフィロコッカス)はグラム染色で紫になるグラム陽性球菌で、大別すると毒の極めて強大な黄色ブドウ球菌(おうしょくぶどうきゅうきん、staphylococcus aureus)と一方は毒素の軽微なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2種になります。

基礎代謝量(きそたいしゃりょう)は目が覚めている状態で生命活動を維持していく(鼓動、口からの呼吸、腎臓の様々な働き、体温や筋緊張の保持など)ために必要となる理論上の最小限のエネルギー消費量のことなのです。

PCモニターの小さなちらつきを抑える効果のあるPC専用の眼鏡が非常に人気を博しているのは、疲れ目のケアにたくさんの方が努めているからだと言えるでしょう。

めまいは診られないのに、不快な耳鳴りと難聴を何回も繰り返すケースのことを区別して「蝸牛(かぎゅう)型メニエール(メニエール氏)病」という呼称で呼ぶケースもあることは意外と知られていません。

体を動かすのに必要なエネルギーの源として速攻で使われる糖質、細胞の新陳代謝に必要となる蛋白質など、過度の痩身ではこの体調をキープするために外せない栄養成分までもを乏しい状態にする。

70才以上の高齢者や病気を持っている人は、際立って肺炎に弱く完治までに時間がかかるデータがあるため、予防に対する意識や迅速な処置が必要です。

ポリフェノールで最も有名な特性はL-アスコルビン酸(ビタミンC)やV.E.(ビタミンE)などとは性質が違い、細胞と細胞の間の水溶性部分に脂溶性部分、加えて細胞膜でも酸化のスピードを遅くする効果を持っています。

ヒトの耳の構造

常在細菌の一つであるブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」の意)は紫色に染色されるグラム陽性球菌で、大別すると毒力が強力な黄色ブドウ球菌(英:staphylococcus aureus、スタフィロコッカスアウレウス)と毒素があまりないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2種に分けることができるのです。

ヒトの耳の構造は、大まかに「外耳」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」に区別されますが、中耳付近に細菌やウィルスが付いて発赤等の炎症が発生したり、体液が溜まる病気が中耳炎なのです。

ストレスが蓄積してしまう論理や、手軽なストレス緩和策など、ストレス関係の初歩的な知識を保持している方は、そんなに多くはありません。
チェルノブイリ原発事故に関するその後の後追い調査のデータをみると、体の大きな成人に比べて子供のほうが風に流されてきた放射能の悪い影響を受容しやすくなっていることが判明しています。

脂漏性皮膚炎というものは皮脂分泌の異常によって起こる発疹で、皮脂分泌が異常をきたす因子としては男性ホルモンとエストロゲン・ゲスターゲンのバランスの乱れ、リボフラビンなどビタミンB群の慢性的な欠乏等が考えられているのです。

男性だけにある内臓の前立腺は生育や活動にアンドロゲン、すなわち男性ホルモンが密接に関連していますが、前立腺に発現してしまったがんも同じく、アンドロゲン(雄性ホルモン)の影響で大きくなってしまうのです。

陰金田虫(いんきんたむし)は20代~30代の比較的若い男の人に多い傾向があり、大抵は股間部だけに広がり、運動をしたり、入浴した後など身体が温まった時に激しい掻痒感をもたらします。

通行中の交通事故や建築現場での転落事故など、著しく大きな力がかかった場合は、複数の部位に骨折が齎されてしまったり、骨が外部に露出する開放骨折となったり、他の内臓が破損することもよくあります。

ポリフェノール最大の機能は水溶性であるビタミンCや脂溶性のV.E.(ビタミンE)などとは性質が違い、細胞間の水溶性の部分や脂溶性部分、そして細胞膜でも酸化を遅れさせる作用をいかんなく発揮します。

杉の花粉が飛散する時に、小さなお子さんが平熱なのに頻繁にクシャミしたり水のような鼻みずが止んでくれない時は、残念ながら『スギ花粉症』の可能性があります。

急に発症する急性腸炎(acute enteritis)は、大抵は腹痛・吐き気・嘔吐・腹下しを伴う位で済みますが、バイ菌の感染による急性腸炎の場合はひどい腹痛・長引く吐き気・幾度も繰り返す嘔吐・下痢と一緒に38度台の高熱も出るのが違いだといえます。

耳鳴りは2種類に大別され、当事者にしか聞こえないというタイプの「自覚的耳鳴り」と、血液の流れる音のように当事者以外にも性能の良いマイクロホンなどを使用してみると聞けると言われている「他覚的耳鳴り」とがあり、治療法が異なります。

悪性腫瘍である卵巣ガンは、通常ならば身体を癌から保護する働きをする物質を作出するための金型のような遺伝子の不具合により罹患する病気だと考えられています。

生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病というのは、膵臓に存在するインスリンを分泌する働きを持つβ細胞が何らかの理由で破壊してしまうことから、その膵臓からはほとんどインスリンが分泌されなくなることで発病するという糖尿病なのです。

トコトリエノールの働きとしては抗酸化効果が一段と有名だと思いますが、更に肌をきれいにする作用や、血清コレステロールの生成を抑えるというようなことが言われています。

エイズウイルス(HIV)を持っている精液や血液のほか、母乳、腟分泌液、唾液といったいたる所の体液が、交渉相手等の傷口や粘膜部分などに接触する事で、感染する危険性が高くなってくるのです。

下腹の痛みを訴える人の多い主な病には、虫垂炎と間違うことの多い大腸憩室症、尿路に石ができる尿路結石症、完治が難しい潰瘍性大腸炎、腹部の外傷で発症することもある急性腹膜炎、子宮や卵巣の病気等がみられるようです。

チェルノブイリ原発の爆発事故の数十年に及ぶ後追い調査のデータからは、成人と比較して若い子どものほうが飛散した放射能のダメージを一段と受けやすいことが読み取れます。

乳幼児が受ける不活化ポリオワクチンは、長きに渡って採用されてきた生ワクチンに2012年9月から予防接種法で接種が推奨されている定期接種集団接種ではなく病院などの医療機関で個々に接種する個別接種の扱いになりました。

塩分と脂肪分の摂取過多をやめた上で自分に合った運動に励み、ストレスのかかり過ぎないような毎日を心がけることが狭心症を引き起こす動脈硬化を未然に防ぐ方法なのです。

歳を重ねることが原因の難聴においてはじわじわと聴力が低下していくものの、一般的に還暦を超えてからでないと耳の悪さをきちんと自覚できないのです。

突然発症する急性腸炎は、大体において腹痛・吐き気・腹下しの症状が出る程度で治まりますが、バイ菌の感染による腸炎の場合は強烈な腹痛・長引く吐き気・幾度も繰り返す嘔吐・下痢と一緒に38度以上の高熱が出るのが相違点です。

汗疱状湿疹(汗疱)とは掌や足裏、指の隙間などにプツプツとしたちっちゃな水疱が現れる病気で、基本的には汗疹(あせも)と呼ばれており、足裏に出現すると水虫と勘違いされる場合もままあります。

毎日の規則正しい生活の保持、満腹になるまで食べないこと、適切な体操など、古典的とも思える自分の身体への思いが皮膚の老化防止にも関わっているのです。

「とにかく忙しい」「気を遣う様々なお付き合いがすごく嫌だ」「テクノロジーやインフォメーションのめざましい高度化に追いつくことで精一杯」など、ストレスを感じてしまうシーンは一人一人違います。

胸焼けが特徴の逆流性胃腸炎は、3~4日くらいきちんと服薬すれば、原則的に多くの患者さんの自覚症状は治まりますが、イコール食道の粘膜の腫れや炎症が引いたわけではないようです。

スギの花粉が飛ぶ時節に、幼いお子さんが体温は異常ないのに頻繁にくしゃみをしたりサラサラした鼻水が止まる気配をみせない状態なら、残念ながら杉花粉症の可能性が高いといえるでしょう。

音楽の公演の開催されるホールやダンス広場などに備えられた非常に大きなスピーカーのすぐ近くで大音量を浴び続けて耳が聞こえにくくなる症状を「急性音響性聴器障害(きゅうせいおんきょうせいちょうきしょうがい)」と呼んでいます。

筋緊張性頭痛というのは仕事や勉強などでの肩こり、首凝りから起こる患者数が多い頭痛で、「ギュッと締め付けられるような強い痛み」「重くてたまらない鈍い痛み」と言い表されています。

流感とも呼ばれるインフルエンザに適応する予防法や医師による手当等必須とされる対策というものは、季節性のインフルエンザであっても新たに発見された新型のインフルエンザであっても同じです。

絶対なくてはならないミネラル分

亜鉛は、デオキシリボ核酸(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に関係している酵素や、細胞もしくは組織などの代謝に深く関係している酵素など、約200種類以上存在する酵素を構築する物質として絶対なくてはならないミネラル分だといわれています。

20才代、30才代で更年期が訪れたとすれば、医学的な言葉で表現すると「早発閉経(そうはつへいけい)」という病気のことを指します(我が国の場合40歳以下の比較的若い女性が閉経する症状のことを「早発閉経(そうはつへいけい・POF)」と言います)。

ストレスがかかり、蓄積していく原理や、便利で効果的なストレスのケア方法など、ストレスというものの細かい知識を保持している人は、まだまだ少ないようです。

鍼灸の鍼を患部に刺してもらう、というフィジカルな程よい幾多の刺激が、神経細胞を活性させ、神経インパルスと言われる要するに電気信号伝達を誘引すると言われています。

インキンタムシ(陰金田虫)は20~30代の比較的若い男性に多く確認され、大体股間部にだけ広がり、走ったり、お風呂上りなど体が熱くなると猛烈な掻痒感をもたらします。

1型糖尿病というのは、膵臓(すいぞう)に在る血糖値に深く関与しているβ細胞が壊されてしまい、結果的に膵臓からインスリンが微々たる量しか出なくなってしまって発症してしまう自己免疫性のタイプの糖尿病です。

通常の場合骨折はしない位の僅かな力でも、骨のある定まったポイントに何度も繰り返し次から次へとかかることにより、骨折することがあるようです。

基礎代謝量(きそたいしゃりょう)とは就寝中ではない覚醒状態で生命を維持していく(鼓動、口からの呼吸、腎臓の様々な活動、体温や筋緊張のキープなど)のに欠かせない理論上の最低限のエネルギー消費量のことをこう呼んでいるのです。

消化器科で診てもらう急性腸炎は、その大半が腹痛・吐き気・腹下しの症状が出る程度で治まりますが、バイ菌の感染によるものの場合は猛烈な腹痛・長引く悪心・繰り返す嘔吐・下痢に加えて38度台の高熱も出るのが通例だといえます。

素人判断では折ったのかどうか判別できない時は、違和感の残るポイントの骨を控えめに触れてみて、もしその部分に強い痛みが響けば恐らく骨折だと思われます。

陰金田虫とは、医学上では股部白癬と言われている、白癬菌が股部、陰嚢(いんのう)、尻などに何らかの理由でうつり、棲みつく病気のことであり水虫のことなのです。

「肝機能の減衰」は、血液検査のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼやアラニンアミノトランスフェラーゼ、γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)等3つの値でモニターできますが、特にここ2、3年肝臓の機能が悪化している国民の数が明らかに増加しているということが注目されています。

悪性腫瘍である卵巣がんは、普通ならばヒトを癌にさせない作用を持つ物質を生成するための型のような遺伝子の異常で罹患するというのは周知の事実です。

人間の耳の内部構造は、耳殻側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳」「内耳」の3つに大別できますが、中耳付近に様々なばい菌やウィルスなどが付き、炎症が発症したり、体液が溜まる症状を中耳炎と呼んでいます。

脳卒中のくも膜下出血は9割弱が脳動脈りゅうという脳内の血管にできる不要な瘤(こぶ)が破れることが原因となって罹患してしまう死亡率の高い病気として知られるようになりました。

予防接種の不活化ポリオワクチン

乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、長年採用されてきた生ワクチンに代わり、2012年9月から原則無料で受けられる定期接種となるため、集団接種ではなくクリニックなどの医療機関で注射してもらうスケジュール管理の必要な個別接種に変わりました。

暴飲暴食、肥満、運動不足、遺伝、人間関係などのストレス、高齢化などの多様な原因が混ざり合うと、インスリン分泌が少なくなったり、働きが衰えたりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病に罹患するのです。

いんきんたむし(陰金田虫)は比較的若い男の人多い傾向があり、ほとんどのケースでは股間の辺りだけに広がり、軽く運動したり、お風呂から上がった後など身体が熱くなると強烈な掻痒感を招きます。

痩せるのが目的で摂取カロリーの総量を抑える、1人前を食べない、こんな暮らしを続けると結果的に栄養までもを不足させ、慢性的な冷え性を誘発する事は、しょっちゅう危惧されていることです。

自動体外式除細動器(AED)は医療資格を保持しない人にも使用可能な医療機器で、機器本体から流れる音声ガイダンスの指示通りに使うことで、心臓の心室細動に対する治療の効果を実現します。

我が国における結核対策は、昭和26年に生まれた「結核予防法」に沿う形でなされてきましたが、平成19年から数多くある他の感染症と等しく「感染症新法」という法律に準拠して行われることとなりました。

コンサートやライブなどの開催されるスペースや踊るためのクラブなどに据えられているとても大きなスピーカーのすぐ側で大音量を浴び続けて耳が聞こえづらくなることを「音響外傷」と呼ぶのです。

70代以上のお年寄りや慢性疾患を患っている人などは、目立って肺炎に弱く治るのが遅い特徴があるので、常日頃から予防する意識や早めの手当が重要なのです。

ポリフェノール最大の働きは水溶性のL-アスコルビン酸やV.E.などとは異なって、細胞の間の水溶性部分や脂溶性部分、ひいては細胞膜でも酸化を遅れさせる作用に優れているのです。

体脂肪の量には変化が見られないのに、体重が飲み食いや排尿などによって短時間で増減するような場合、体重が増えれば体脂肪率は低下し、体重が減った人の体脂肪率が高くなるのです。

必要な栄養を網羅した食事を1日3回とることや体を動かすことはもちろん、心身両面の健康やビューティーのために、目当ての栄養を補うために色々なサプリを採用する事が一般的になったようなのです。

耳鳴りには性質の異なる2種類が存在し、本人だけに聞こえると言われている「自覚的耳鳴り」と、血流の音などのように本人だけでなく他の人にも高性能のマイクロホンを使ってみると聞けるというタイプの「他覚的耳鳴り」とがあり、処置の仕方が変わります。

耳鼻咽喉科の領域の花粉症とは、山林のスギやヒノキ、マツ、ブタクサなどの大量に放出される花粉がアレルゲンとなって、くしゃみ・皮膚のかゆみ・鼻水などの辛くて不快なアレルギー症状を示す病気だと広く知られています。

「体脂肪率(body fat percentage)」とは、体の中の脂肪が占有する歩合を指しており、「体脂肪率(body fat percentage)=体脂肪量(somatic fat volume、kg)÷体重(キログラム)×100」という数式で表すことができます。

ジェネリック医薬品(generic drug)は新薬の特許切れの後に市場に出回る、まったく同じ成分で負担が少なくて済む(金額が少額の)後発医薬品のことをいいます。