強い痛みを伴うヘルニア

強い痛みを伴うヘルニアとは正しくは椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)といい、背骨の間にあってクッションに近い役目をしている椎間板(ツイカンバン)という名称の円形の線維軟骨が突出した症状のことを指しています。

突然発症する急性腸炎は、ほとんどの場合腹痛・吐き気・嘔吐・腹下しの症状がみられる程度ですが、細菌感染によるものの場合は強烈な腹痛・長引く吐き気・幾度も繰り返す嘔吐・下痢と一緒に38℃以上の高い発熱が通例です。

体脂肪の量にはさして変動がなく、体重だけが食物の摂取や排尿などにより短時間で増減する際、体重が増加した方は体脂肪率(percent of body fat)は低くなり、体重が減った方は体脂肪率が上昇するのです。

ただの捻挫だと決め込んでしまい、冷湿布を貼って包帯やテーピングで一応患部を固定し、様子をうかがうのではなく、応急処置をしてからすぐ整形外科の医師に診てもらうことが、完治への近道だといえます。

万が一婦人科の検査で事実上卵胞ホルモンと黄体ホルモンの量が基準値を下回り早発閉経(POF)と判明した場合、不足している分の女性ホルモンを補う医術などで改善が望めます。

3つのアミノ酸から成るグルタチオン(Glutathione)には、細胞の機能を落としたり変異を誘発する人体に悪影響を及ぼす物質を体内で無毒化し、肝臓の能力を強める性質が分かっているのです。

30~39才の間に更年期が訪れたとすれば、医学的な言葉で表すと「早発閉経(そうはつへいけい)」という疾患に当てはまります(この国においては40歳以下の比較的若い女の人が閉経してしまう症状のことを「早発閉経(そうはつへいけい・POF)」と呼んでいます)。

むねやけが主訴の逆流性食道炎は、食生活が欧米化したことに加えて煙草を飲む事・アルコールの習慣・肥満症等の生活習慣の質が低下したこと、ストレスなどによって、近年日本人に増加している病気の一種です。

肝臓をいつまでもきれいにキープし続けるためには、肝臓の解毒する作用が衰退しないようにする、つまり、肝臓を老けさせない対策を迅速に開始することが有効でしょう。

内臓が脂肪過多になっている肥満が診られ、脂質(ししつ、lipid)、高血圧、糖分の過剰摂取などによる「高血糖」の中で2項目以上相当するような事例を、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)と呼んでいます。

V.D.は、Caが体に吸収されるのを支える特長が知られており、血中の濃度を調節し、筋肉の活動を適切に調節したり、骨を作ってくれます。

筋緊張性頭痛というのは仕事や勉強などでの肩凝り、首筋のこりから起こる最も一般的な頭痛で、「まるで頭を力いっぱい締め付けられるような強い痛み」「頭が重いような鈍い痛さ」と言い表されます。

触れ合うことで、人間がセラピードッグをとても愛おしいと感じることによって「絆のホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが多く分泌された結果、ストレスを軽くしたり癒しなどにつながるのです。

トコトリエノールの効果の中では酸化を遅らせる機能がもっとも認知されていますが、それ以外に肌を美しくしてくれる効果や、血清コレステロールの産生を抑えるというようなことが知られています。

生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病という病気は、膵臓に在るインスリンを分泌する働きを持つβ細胞が壊れてしまうことにより、結果的に膵臓からインスリンが微々たる量しか出なくなることによって発病してしまうというタイプの糖尿病です。

体脂肪率(percent of body fat )とは

「体脂肪率(percent of body fat )」とは、人の体の中の脂肪の占めている割合のことを言い、「体脂肪率=体脂肪の量(kg)÷体重(body weight、kg)×100」という数式によって算出することができます。

ブラッシングで、高齢者が動物を愛おしいと感じる時に「優しさのホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが多く分泌された結果、ストレスの低減や精神の癒しなどに繋がっているといわれています。

塩分と脂肪の摂取過多を避けた上で適切な運動に励むだけでなく、ストレスの少ないような日常生活を続けることが狭心症を起こす動脈硬化を未然に防止するポイントです。

平成17年より新たに全ての特定保健用食品の容器において「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」との注意喚起のフレーズの明示が義務化した。

乳児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、現在まで使用されてきた生ワクチンに代わり、2012年9月1日から正式に定期接種集団接種ではなく病院などの医療機関で接種するという個別接種の扱いに変わりましたのでご注意ください。

お薬、アルコール、合成保存料を始めとした食品の添加物などを特殊な酵素によって分解し、無毒化する作用のことを解毒(げどく)と呼び、多機能な肝臓が果たす非常に大切な職責の一つと言えるでしょう。

BMIを算出する式はどの国も同じですが、BMI値の評価は各国異なり、JASSOではBMI値22を標準体重、25以上だと肥満、18.5未満だと低体重と決定しています。

肝臓をきれいに維持するためには、肝臓の毒素を無毒化する力が衰えないようにすること、即ち、肝臓を老化させない対処法を地道におこなうことが効果的だと言われています。

汗疱(汗疱状湿疹)とは手のひらや足裏、指の間などに細かな水疱ができる病気で、大抵はあせもと呼ばれており、足の裏に出ると足水虫と思い込まれることがよくあるようです。

虚血性心疾患の一つである狭心症(angina pectoris)の外科的な治療法では現在「大動脈バルーンパンピング(IABP)」と「冠動脈大動脈(かんどうみゃくだいどうみゃく)バイパス移植手術(CABG)」の2種類の施術が活発に採用されています。

現在、若い世代で感染症のひとつである結核に抗える抵抗力を保持していない人々が多くなっていることや、早合点のせいで受診が遅れることが素因の集団院内感染が多くなっています。

環状紅斑(かんじょうこうはん)というのは輪状、つまりは輪っかのような円い形をした赤い色の発疹や鱗屑など、皮膚のトラブルの総称ですが、その素因は非常に多種多様ということで知られています。

HIV、すなわちエイズウイルスを持っている精液、血液、女性の腟分泌液、母乳といった様々な体液が、乳飲み子等の粘膜部分や傷口に触れた場合、感染する可能性が大きくなります。

最大の内臓である肝臓に中世脂質や食物由来コレステロールが付いた脂肪肝(しぼうかん)という病気は、脳梗塞に始まる色々な病をもたらす可能性があるのです。

UV-Bは、UV-Aと比較して波長が短いという性質があるため大気中にあるオゾン層でその一部が吸収されるのですが、地上まで届いたUV-B波は皮ふの表皮の内部で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、デオキシリボ核酸)を傷つけてしまうなど、肌にとって悪い影響を与えます。

トコトリエノールの作用

トコトリエノールの作用としては酸化を遅らせる機能が殊更知られてはいますが、これ以外にも肌をきれいに保つ作用や、血清コレステロールの生成を抑制したりするということが確認されています。

肥満(obesity)の状態というのは無論摂取する食物の内容や運動不足などが要因ですが、量は変わらない食事であったとしても、せっかちに食べ終わる早食いをすることによって脂肪過多に陥っている肥満(obesity)を招く結果になります。

健康を推進するWHO(世界保健機関)は、有害な紫外線A波の著しい浴び過ぎはお肌に健康障害をもたらすとして、19歳未満の男女が日サロを利用する行動の禁止を強く先進国に勧めている最中です。

消化器科で診てもらう急性腸炎は、大方は腹痛・吐き気・嘔吐・腹下しの症状が出る程度ですが、細菌感染による急性腸炎の場合は相当ひどい腹痛・長引く吐き気・繰り返す嘔吐・下痢の他に38度以上の高熱が出るのが相違点だといえます。

ばい菌やウィルスなど病気を招く微生物、即ち病原体が肺の中へ忍び入って感染した結果、片方もしくは左右両方の肺が炎症反応を示した事態を「肺炎」と呼ぶのです。

耳鳴りは大きく2種類に分けることができ、当事者にしか感じられないという「自覚的耳鳴り」と、血流のように当事者に加えて他の人にも品質の高いマイクロホンなどを使用すると聞くことのできるタイプの「他覚的耳鳴り」とがあり、対処法が変わります。

子供の耳管の仕組みは、大人の耳管と比較すると幅がある上に短めの形状で、またほぼ水平になっているため、バイキンが入りやすくなっているのです。小さな子供が急性中耳炎を発病しやすいのは、これが関わっています。

自動体外式除細動器(AED)というのは医療従事者ではない一般の人にも使用可能な医療機器で、機器本体から発せられる音声ガイダンスの手順に沿って手当することで、心臓の心室細動に対する治療の効力を実現します。

季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、今日までの膨大な研究の成果により、ワクチンの効果が望めるのはワクチンを注射した2週間後から約5カ月間くらいということが判明しました。

下腹部の強い痛みを主訴とした主な病気には、虫垂炎と間違われやすい大腸憩室症、尿路の結晶が詰まったりする尿路結石症、原因不明の難病である潰瘍性大腸炎、夜間でもすぐ救急にかかった方が良い急性腹膜炎、卵巣の病気などの病名が挙がるようです。

体を維持するのに必要なエネルギーとしてすぐに機能する糖質、細胞の新陳代謝に必要となるタンパク質など、度の過ぎた痩身ではこれらのように活動を確保するために欠かすことのできない重要な栄養分までも乏しい状態にしている。

心筋梗塞というものは冠動脈の動脈硬化によって血管内の空間が狭まり、血流が途絶え、酸素や大事な栄養を心筋に届けられず、筋肉細胞そのものが機能しなくなるという大変深刻な病気です。

アルコールを無毒化する力のあるナイアシンは、苦しい二日酔いに効く成分です。ゆううつな宿酔の原因といわれるエチルアルデヒドという物質の無毒化にも作用します。

くしゃみ、鼻みず、鼻づまりに目のかゆみ・ゴロゴロする異物感などの花粉症の辛い諸症状は、アレルゲンである花粉の飛んでいる量に沿って悪化の一途を辿るという特徴があると知られています。

汗疱状湿疹(汗疱)は手の平や足裏、指の隙間などに小さな水疱が現れる病気で、普通はあせもと言い、足の裏に出てくると水虫と混同されることも多くあります。

花粉症の嫌な症状は

クシャミに鼻みず、鼻詰まりに目のかゆみ・ゴロゴロするような異物感などの花粉症の嫌な症状は、アレルギーを誘発する花粉の飛散する量に追従して悪化の一途を辿るという特性があるということです。

学校等の大規模な集団生活をする中で、花粉症のせいでクラスメイトと同時に外でめいっぱい動けないのは、本人にとって残念なことです。

突然発症する急性腸炎は、大多数が腹痛・吐き気・嘔吐・腹下しに見舞われる程度ですがバイ菌の感染によるものの場合はひどい腹痛・長引く吐き気・繰り返す嘔吐・水下痢の他に高い発熱が違いです。

気分障害のうつ病では副交感神経が優位になると脳内で分泌される神経伝達物質の「セロトニン」が不足した結果、憂うつ感、なかなか寝付けない不眠、強い倦怠感、食欲不振、5kg以上の体重減少、焦り、極端な意欲の低下、そして重症になると自殺企図などの危険な症状が現れるのです。

生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病は、膵臓(すいぞう)にある血糖値に関与しているβ細胞が何らかの理由で壊されてしまうことが原因となり、結果として膵臓から血糖値を正常に保てるだけのインスリンが出なくなり発病するという種類の糖尿病です。

胃食道逆流症(GERD)の一つである逆流性食道炎は、数日きちんと処方薬を飲めば、原則的に約90%の患者さんの自覚症状は良くなりますが、そうは言っても食道粘膜の腫れや炎症が全快したことを意味しないので留意してください。

インキンタムシ(陰金田虫)とは、医学上では股部白癬と言い、カビの一種である白癬菌が股間や陰嚢、臀部などの部位に何らかの理由で感染し、定着してしまった病気で水虫のことなのです。

結核菌(Mycobacterium tuberculosis)は、患者さんがゴホゴホと「せき」をすることで外気の中に撒かれ、空気中にふわふわ流れているのを別の人が呼吸しながら吸い込むことによって感染していきます。

自分で外から眺めただけでは骨折しているかどうか判別できない時は、違和感の残るところの骨を優しく指で触ってみて、そのポイントに強烈な痛みが響けば骨折かもしれないので、すぐ整形外科を受診しましょう。

30才から39才の間に更年期が来たとすれば、医学的な用語では「早発閉経(早期閉経)」という病気のことを指します(この国においては40歳以下の比較的若い女性が閉経してしまう症状のことをPOFと定義しています)。

虚血性心疾患の一つである狭心症の外科的な施術としては「大動脈内バルーンパンピング法(IABP法)」もしくはグラフトを用いる「大動脈冠動脈バイパス移植手術(CABG)」の2種の手術が高い頻度で用いられています。

緊張性頭痛はデスクワークなどでの肩凝り、首筋の凝り、張りが因子の日本人に多い頭痛で、「まるで頭を力いっぱい締め付けられるような激しい頭痛」「ズシッと重苦しいような酷い痛み」と言われることが多いようです。

複雑骨折してかなり出血してしまった状況では、急に血圧が降下して目眩やふらつき、冷や汗、嘔吐感、顔面蒼白、座っていても起こる失神などの様々な脳貧血の症状が引き起こされる時もあります。

脳内にある5-HT神経は、自律神経のメンテナンスや痛みの鎮静、様々な覚醒などを司っており、うつ病(単極性気分障害)の患者さんはその動きが鈍化していることが明らかになっている。

ポリフェノールで最も有名な長所は水溶性のL-アスコルビン酸や脂溶性のV.E.(ビタミンE)などとは違っていて、細胞間の水溶性部分や脂溶性の部分、加えて細胞膜でも酸化を防ぐ効果を持っています。

季節性インフルエンザワクチン

毎年流行する型の異なる季節性インフルエンザワクチンでは、現在までの研究の成果から、予防の効能を期待できるのは、ワクチン接種を受けた14日後からおよそ150日ほどということです。

めまいが現れず、長く続く耳鳴りと低音域の難聴を複数回発症する症例のことを区別して「蝸牛(カタツムリ)型メヌエル病(Cochlear Meniere’s Disease)」という呼称で呼ぶ場合もよくあります。

酒類に含まれるアルコールをクラッキングする特徴があるナイアシンは、辛い二日酔いに大変有効です。

苦しい二日酔いの大元とされている酢酸アルデヒド(アセトアルデヒド)という化学物質のクラッキングにも携わっています。

肥満(obesity)というのはあくまで摂取する食物の栄養バランスや運動不足などが主因ですが、同じボリュームの食事であったとしても、せっかちに食べ終わる早食いをし続けたならば肥満の状態を招く恐れがあります。

年々患者数が増加しているうつ病では脳内で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが足りなくなり、気分の落ち込み、不眠、著しい倦怠感、疲労感、食欲低下、体重減少焦り、意欲の低下、そして重症の場合自殺企図などの辛い症状が見られます。

多くの人に水虫といえばまず足を連想し、中でも足の裏にみられる病気だと間違えられやすいのですが、白癬菌にかかるのは足に限定されているわけではなく、体中どこにでもかかるという恐れがあるので注意してください。

アルコール、お薬、合成乳化剤を始めとした食品の添加物などを特殊な酵素で分解し、無毒化する事を解毒と呼んでおり、肝臓の担う大切な職責のひとつなのです。

栄養バランスの取れた食事や体を動かすことは無論、肉体や精神の健康や美を目的として、食事の補助として色々なサプリメントを飲用する事が標準になったそうです。

緊張型頭痛とは肩こりや首筋の凝りに誘引される最も一般的な頭痛で、「まるで頭をギューっと締め付けられるような強い痛さ」「ドーンと重苦しいような鈍い頭痛」と言い表されることが多いようです。

抗酸菌のひとつである結核菌は、菌を保有している人が「せき」をすることで内気に撒かれ、空気中にふわふわ動いているのを他の誰かが吸い込むことによりどんどん感染していきます。

杉の花粉が飛散する時節に、お子さんたちが体温は異常ないのにしょっちゅうクシャミしたり鼻水が止まないようなケースは、もしかしたら杉花粉症の恐れがあるでしょう。

常在細菌のひとつであるブドウ球菌(英:staphylococcus)は紫色に染色されるグラム陽性球菌であり、大別すると毒の極めて強力な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus…staphylo-は「ブドウの房」の意)と毒素が薄弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)の2つになっています。

内臓脂肪タイプの肥満が診られて、脂質過多、塩分の過剰摂取などによる「高血圧(こうけつあつ)」、高血糖(こうけっとう)の中で2つ以上に当てはまるようなケースを、メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)と名付けました。

流感、即ちインフルエンザに適応する予防術や医師による治療等、このような必ず行う措置は、それが例え季節性インフルエンザでも新たに発見された新型インフルエンザでもほとんど同じです。

触れあいなどで、入居者が動物をとても可愛らしいと感じることで「優しさのホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが多く分泌されて、ストレス軽減や精神の癒しなどに繋がっていくのです。