常在細菌の一つであるブドウ球菌

常在細菌の一つであるブドウ球菌(英:staphylococcus)は紫色に染色されるグラム陽性球菌であり、大別すると毒力が極めて強い黄色ブドウ球菌(英:staphylococcus aureus)と一方は毒のきつくないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2種に分けられるのです。

暗い所だと光量が足りなくてものが見づらくなりますが、より瞳孔が開くので、眼のレンズのピントを合わせるのに不必要な力が使われ、日の差す場所でモノを見るよりも疲労が大きくなるのです。

お酒に含まれるアルコールを無毒化する力があるナイアシンは、辛い宿酔によく効く成分です。辛い宿酔の誘引物質と考えられている酢酸アルデヒドという物質の無毒化にも作用しています。

花粉症というものは、山林の杉やヒノキ、マツ、ブタクサなどの決まった時期に飛散する花粉が元凶となって、クシャミ・目や皮膚の痒み・微熱・鼻詰まり・鼻水などの辛くて不快なアレルギー症状を示す病気だということは、今や常識となりました。

ジェネリック医薬品というのは新薬の特許が失われてしまった後に発売され、等しい成分で経済的な自己負担の小さい(薬の代金の廉価な)後発医薬品のことで、最近知られるようになりました。

陰金田虫(インキンタムシ)という病気は若い男の人に多く確認され、原則として股間の周辺だけに広がり、激しく運動したり、風呂から上がった後など身体が熱くなった時に猛烈な掻痒感を感じます。

ダイエットに勤しむあまり1日の総カロリーを抑制する、食事を抜く、そうした食生活が結果的に栄養をも不足させ、慢性的な酷い冷え性をもたらしていることは、何度も問題視されていることなのです。

好気性桿菌の結核菌は、患者さんがゴホゴホと咳き込むことで内気に飛び散り、空気中にふわふわ浮かんでいるのを別の人が呼吸の際に吸い込むことによりどんどん拡がっていきます。

耳鳴りには大きくわけて2種類あり、本人だけに聞こえるという部類の「自覚的耳鳴り」と、血流の音などのように本人に加えて他の人にも性能の良いマイクロホンなどを使ってみると響いているタイプの「他覚的耳鳴り」とがあり、処置の仕方が異なります。

複雑骨折によりひどく出血した時は、血圧が下がってめまいやふらつき、冷や汗、嘔吐感、顔面蒼白、座っていても起こる意識喪失などの色々な脳貧血の症状が引き起こされることがあります。

世界保健機関(WHO=World Health Organization)は、身体に害を与えるUV-A波のデタラメな浴び過ぎは皮膚病を起こすとして、18歳以下の若者がファッション感覚で日焼けサロンを使用する活動の禁止を広く世界中に提案しています。

ポリフェノール最大の特長は水溶性のL-アスコルビン酸やトコフェロール(ビタミンE)違って、細胞の間の水溶性部分に脂溶性部分、加えて細胞膜でも酸化を予防する効果を発揮するのです。

ヘルニアとは正式には「椎間板ヘルニア」と呼ばれ、背骨と背骨の間に存在してクッションに近い役目を持っている椎間板(ツイカンバン)という名前のやわらかい線維軟骨がはみ出た状態を指しているのです。

基礎代謝というものは人間が横になっていても消費してしまうエネルギーのことですが、半分以上を様々な筋肉・内臓の中で最も大きな肝臓・頭部の脳の3つで消費するとのことです。

生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病は、膵臓(すいぞう)に在る血糖値を左右するβ細胞が損傷を受けてしまうことが原因となり、膵臓からは血糖値を正常に保てるだけのインスリンが分泌されなくなり発症に至るという自己免疫性のタイプの糖尿病です。

コメントを残す