季節性インフルエンザワクチン

毎年流行する型の異なる季節性インフルエンザワクチンでは、現在までの研究の成果から、予防の効能を期待できるのは、ワクチン接種を受けた14日後からおよそ150日ほどということです。

めまいが現れず、長く続く耳鳴りと低音域の難聴を複数回発症する症例のことを区別して「蝸牛(カタツムリ)型メヌエル病(Cochlear Meniere’s Disease)」という呼称で呼ぶ場合もよくあります。

酒類に含まれるアルコールをクラッキングする特徴があるナイアシンは、辛い二日酔いに大変有効です。

苦しい二日酔いの大元とされている酢酸アルデヒド(アセトアルデヒド)という化学物質のクラッキングにも携わっています。

肥満(obesity)というのはあくまで摂取する食物の栄養バランスや運動不足などが主因ですが、同じボリュームの食事であったとしても、せっかちに食べ終わる早食いをし続けたならば肥満の状態を招く恐れがあります。

年々患者数が増加しているうつ病では脳内で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが足りなくなり、気分の落ち込み、不眠、著しい倦怠感、疲労感、食欲低下、体重減少焦り、意欲の低下、そして重症の場合自殺企図などの辛い症状が見られます。

多くの人に水虫といえばまず足を連想し、中でも足の裏にみられる病気だと間違えられやすいのですが、白癬菌にかかるのは足に限定されているわけではなく、体中どこにでもかかるという恐れがあるので注意してください。

アルコール、お薬、合成乳化剤を始めとした食品の添加物などを特殊な酵素で分解し、無毒化する事を解毒と呼んでおり、肝臓の担う大切な職責のひとつなのです。

栄養バランスの取れた食事や体を動かすことは無論、肉体や精神の健康や美を目的として、食事の補助として色々なサプリメントを飲用する事が標準になったそうです。

緊張型頭痛とは肩こりや首筋の凝りに誘引される最も一般的な頭痛で、「まるで頭をギューっと締め付けられるような強い痛さ」「ドーンと重苦しいような鈍い頭痛」と言い表されることが多いようです。

抗酸菌のひとつである結核菌は、菌を保有している人が「せき」をすることで内気に撒かれ、空気中にふわふわ動いているのを他の誰かが吸い込むことによりどんどん感染していきます。

杉の花粉が飛散する時節に、お子さんたちが体温は異常ないのにしょっちゅうクシャミしたり鼻水が止まないようなケースは、もしかしたら杉花粉症の恐れがあるでしょう。

常在細菌のひとつであるブドウ球菌(英:staphylococcus)は紫色に染色されるグラム陽性球菌であり、大別すると毒の極めて強力な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus…staphylo-は「ブドウの房」の意)と毒素が薄弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)の2つになっています。

内臓脂肪タイプの肥満が診られて、脂質過多、塩分の過剰摂取などによる「高血圧(こうけつあつ)」、高血糖(こうけっとう)の中で2つ以上に当てはまるようなケースを、メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)と名付けました。

流感、即ちインフルエンザに適応する予防術や医師による治療等、このような必ず行う措置は、それが例え季節性インフルエンザでも新たに発見された新型インフルエンザでもほとんど同じです。

触れあいなどで、入居者が動物をとても可愛らしいと感じることで「優しさのホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが多く分泌されて、ストレス軽減や精神の癒しなどに繋がっていくのです。

コメントを残す