塩分と脂肪分の摂り過ぎは中止して

塩分と脂肪分の摂り過ぎは中止して自分に合った運動に励むだけでなく、ストレスを感じすぎないような日常生活を続けることが狭心症の元凶となる動脈硬化を防ぐ知恵です。

AEDというものは医療資格を保持していない一般の人にも使う事のできる医療機器で、本体から流れる音声ガイダンスに沿っておこなうことで、心室細動に対する緊急処置の効果を患者にもたらします。

結核対策は、長年、1951年に生まれた「結核予防法」にならって進行されてきましたが、平成19年から多くの感染症とまとめて「感染症予防法」という名前の法律に従って行われることに決まりました。

基礎代謝というものは人間が横たわっていても燃焼するエネルギー量であり、5割以上を身体中の筋肉・臓器の中で一番大きな肝臓・大量の糖質を消費する脳が占めるということをご存知ですか?

「肝機能の悪化」は、血液検査項目のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼやアラニンアミノトランスフェラーゼ、γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)等3種類の値で診ることができますが、特にここ2、3年肝臓の機能が悪化している日本人が明らかに増加傾向にあるそうです。

めまいは診られないのに、不愉快な耳鳴りと難聴の症状だけを幾度も繰り返すケースのことを区別して「蝸牛型メニエール氏病」と呼ぶような症例もあるようです。

通行中の交通事故や高所からの転落事故など、強大な圧力が体にかかった場合は、複数の箇所に骨折がもたらされてしまったり、骨が外に突き出る開放骨折となったり、ひいては内臓が損傷することもままあります。

胃食道逆流症の一種である逆流性食道炎は、4~5日くらいちゃんと薬を飲めば、大抵、多くの患者さんの自覚症状は改善しますが、かといって食道の粘膜の炎症反応が全快したことを意味しないので留意してください。

30~39才までの間に更年期になったら、医学用語で表すと「早発閉経(そうはつへいけい・POF)」という病のことを指します(日本においては40歳以下の比較的若い女の人が閉経するケースを「早期閉経」と称します)。

脂漏性皮膚炎という皮膚病は皮脂分泌の異常によって起こる発疹・発赤で、皮脂分泌の異常の主因としてステロイドホルモンの一種である性ホルモンの不均衡やリボフラビンなどビタミンBコンプレックスの不足等が大きいと考えられているのです。

男性だけにある前立腺という生殖器はその成長や働きにアンドロゲン、即ち雄性ホルモンがとても深く関連しており、前立腺に現れた癌も同じように、アンドロゲン、即ち男性ホルモンの作用を受けて大きくなります。

好気性桿菌のひとつである結核菌は、感染した人がゴホゴホと「咳」をすることによって外気の中に排出され、空気中でフワフワと動いているのを別の誰かが呼吸の際に吸い込むことでどんどん感染していきます。

子どもの耳管の作りは、大人に比べると幅が広くて短めの形状で、なおかつ水平に近いため、雑菌が入り込みやすくなっているのです。

子どもがよく急性中耳炎に罹るのは、このためだと言われています。

チェルノブイリ原発の爆発事故に関する数十年に及ぶ後追い調査の結果によると、成人と比較して未成年のほうが放出された放射能の害をより受けやすいことが判明しています。

ジェネリック医薬品というのは新薬の特許切れの後に売られ、新薬と同一の成分で経済的負担が少ない(価格が高くない)後発医薬品のことで、近年浸透しつつあります。

コメントを残す