加齢印象を与えてしまう重要な要因

加齢印象を与えてしまう重要な要因の一つが、歯にこびりついた”蓄積くすみ”です。

一見ツルツルしている歯の表面には、目には見えない凹凸があり、日常の暮らしの中で黄ばんだ着色やタバコのヤニなどの汚れが蓄積しやすくなります。

ここ日本において、肌が白くて淀んだくすみや茶色いシミが出ていない状態を好ましく思う風習は現代より前から根付いており、「色の白いは七難隠す」ということわざもあるほどだ。

明治末期に外国帰りの女性たちが、洋風の髪型、洋風の服装、洋風の化粧品や化粧道具、美顔術などを日本に紹介した結果、これらを総括する日本語のひとつとして、美容がけわいの後釜として使われ始めた。

内臓の元気具合を数値で計測できるありがたい機械があります。『ノイロメーター』と名付けられた機械で、人の自律神経の状況を測ることで、内臓が健康かどうかが分かるというのです。

化粧の欠点:昼には化粧直しをしなければいけない。

メイクを落としてすっぴんに戻った時のガッカリ感。メイク用品の費用が結構痛い。メイクしてからでないと外に出られないある種の強迫観念。

浮腫みの要因は多くありますが、季節の影響も関係していることを知っていますか。気温が上がり大量の水分を摂り、汗をかく、この時節にむくみの原因が潜んでいます。

更に、お肌のたるみに深く関わるのが表情筋。これは様々な表情をするたびに伸び縮みする顔にある筋肉です。

真皮に存在するコラーゲンと同様、この筋肉の動きも加齢に従い鈍化してしまうのです。

よく聞くピーリングとは、老化し役目を終えた要らない皮膚をピール(peel:剥くの意味)し続けることによって、新しい美しい表皮(角質)に取り替える合理的な美容法です。

メイクアップでは目立たなくする行為に専念するのではなく、リハビリメイクを介して結果的に患者さん本人が己の外見を認め、復職など社会に復帰すること、加えてQOL(クオリティーオブライフ)を更に高めることを目標としているのです。

デトックスというのは、専用の健康食品の摂取と岩盤浴で、このような体の中にある有毒な物を流そうとするテクニックのひとつを指している。

例を挙げるなら…あなたは今、パソコンを見つめながら頬杖をついてはいませんか?

この行為は手のひらからの圧力を全開でほっぺたに当てて、繊細な皮膚に余計な負担をかけることに繋がるのです。

医学界全体がクオリティ・オブ・ライフ(QOL)を重視する傾向にあり、経済の円熟と医療市場の急速な拡大により、美容外科(Cosmetic Surgery)は4~5年前ぐらいから存在感を増した医療分野だということは間違いない。

女性誌や美容の書籍には、顔が小さくなる、肌がきれいになる、痩身効果があり、デトックス効果が期待できる、免疫力の向上などなど、リンパ液を流せば全てが思い通りにいく!という魅力的なフレーズが並んでいる。

そこでほとんどの医師が用いるのが、ビタミンC誘導体だ。外用抗菌薬も併せて使用すれば大体半年でほぼ全快に持ってこれる事例が多いと考えられている。

さらに日々の暮らしのストレスで、精神にまで毒物は山のごとく蓄積していき、同時に体の不具合も招いてしまう。

このような「心身ともに毒だらけ」というような意識こそが、我々をデトックスへと駆り立ててやまない。

コメントを残す