体脂肪率(percent of body fat )とは

「体脂肪率(percent of body fat )」とは、人の体の中の脂肪の占めている割合のことを言い、「体脂肪率=体脂肪の量(kg)÷体重(body weight、kg)×100」という数式によって算出することができます。

ブラッシングで、高齢者が動物を愛おしいと感じる時に「優しさのホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが多く分泌された結果、ストレスの低減や精神の癒しなどに繋がっているといわれています。

塩分と脂肪の摂取過多を避けた上で適切な運動に励むだけでなく、ストレスの少ないような日常生活を続けることが狭心症を起こす動脈硬化を未然に防止するポイントです。

平成17年より新たに全ての特定保健用食品の容器において「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」との注意喚起のフレーズの明示が義務化した。

乳児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、現在まで使用されてきた生ワクチンに代わり、2012年9月1日から正式に定期接種集団接種ではなく病院などの医療機関で接種するという個別接種の扱いに変わりましたのでご注意ください。

お薬、アルコール、合成保存料を始めとした食品の添加物などを特殊な酵素によって分解し、無毒化する作用のことを解毒(げどく)と呼び、多機能な肝臓が果たす非常に大切な職責の一つと言えるでしょう。

BMIを算出する式はどの国も同じですが、BMI値の評価は各国異なり、JASSOではBMI値22を標準体重、25以上だと肥満、18.5未満だと低体重と決定しています。

肝臓をきれいに維持するためには、肝臓の毒素を無毒化する力が衰えないようにすること、即ち、肝臓を老化させない対処法を地道におこなうことが効果的だと言われています。

汗疱(汗疱状湿疹)とは手のひらや足裏、指の間などに細かな水疱ができる病気で、大抵はあせもと呼ばれており、足の裏に出ると足水虫と思い込まれることがよくあるようです。

虚血性心疾患の一つである狭心症(angina pectoris)の外科的な治療法では現在「大動脈バルーンパンピング(IABP)」と「冠動脈大動脈(かんどうみゃくだいどうみゃく)バイパス移植手術(CABG)」の2種類の施術が活発に採用されています。

現在、若い世代で感染症のひとつである結核に抗える抵抗力を保持していない人々が多くなっていることや、早合点のせいで受診が遅れることが素因の集団院内感染が多くなっています。

環状紅斑(かんじょうこうはん)というのは輪状、つまりは輪っかのような円い形をした赤い色の発疹や鱗屑など、皮膚のトラブルの総称ですが、その素因は非常に多種多様ということで知られています。

HIV、すなわちエイズウイルスを持っている精液、血液、女性の腟分泌液、母乳といった様々な体液が、乳飲み子等の粘膜部分や傷口に触れた場合、感染する可能性が大きくなります。

最大の内臓である肝臓に中世脂質や食物由来コレステロールが付いた脂肪肝(しぼうかん)という病気は、脳梗塞に始まる色々な病をもたらす可能性があるのです。

UV-Bは、UV-Aと比較して波長が短いという性質があるため大気中にあるオゾン層でその一部が吸収されるのですが、地上まで届いたUV-B波は皮ふの表皮の内部で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、デオキシリボ核酸)を傷つけてしまうなど、肌にとって悪い影響を与えます。

コメントを残す