ビジョン心理学

精神世界的な心理学として女性の関心を集めている「ビジョン心理学」。“恋愛素人革新”にトライする大勢の女性たちに馴染む、効率的・療治的な心理学となります。

生身の恋愛というものは、希望がすべて叶うわけではありませんし、パートナーの考えが感じ取れなくてマイナス思考になったり、くだらないことで気に病んだり有頂天になったりすることがあります。

異性の前で恥ずかしがらない拙者のことをお話すると、ビジネスの場から、たまたま入ってみた立ち飲み屋、咳が止まらなくて受診した病院の受付まで、多様な場所で出会い、お付き合いが始まっています。

よく話す女性から恋愛相談されたら、賢く耳を傾けないと、謝意を口に出してもらえるなどとは逆に反感を抱かれてしまう実例も出てきてしまいます。

「好き」の特性を恋愛心理学によれば、「恋愛と好意の感覚」とに分けて捉えます。

つまるところ、恋愛は好きな人に対しての、好意という感情は幼なじみなどに向ける心象です。

全国に多数ある、大好きな異性の彼女になる恋愛テクニック。

時たま露骨過ぎて気になる男性に見破られて、裏目に出る恐れのあるHow Toも存在します。
ほとんどの婚活サイトは女性だけが無料となっています。

しかし中には、女性だけが会費を支払う婚活サイトも現実にあり、“結婚したい!”という真剣な出会いを求めている人でいつも賑わっています。

心理学的に言えば、吊り橋効果(1974年)は恋愛のスタート段階にフィットするやり方です。

好意を抱いている人に幾許かの心配事、悩みといったものがまとわりついているシチュエーションで発揮するのがスマートです。

恋愛相談を動機としてお近づきになれて、彼女の同性の友だちと面会させてくれる場面が頻発したり、恋愛相談を通じてその女の子とより親密な関係になったりするシチュエーションもあります。

キツい恋愛を慰めてもらうことで胸の内が和むのみならず、絶望的な恋愛の具合を修正する誘因にもなります。

出会いとは、どういう日に、どの街で、どういうテイストで発生するか事前に予測することは不可能です。

今後、自己発展と確固たる意志を確保して、恥ずかしくないようにしておきましょうね。

内面も外面も申し分のない男性は、上辺の恋愛テクニックでは恋人同士になれないし、いい大人として冗談を抜きにして成熟することが、かなりの確率で格上の男の人に好かれる秘策です。

勤め先の職員や、友人と飲みに行った居酒屋などでちょっと対話した方、それもれっきとした出会いと言えるでしょう。

そういったタイミングで、異性を見る目を急いで封印しているのではないですか?

恋愛での悩みのほとんどは、規則性があります。自明の理ですが、みんな様々状態は同じではありませんが、広域の観点で観察すれば、言うほどいっぱいあるわけではないのです。

容姿しか見ていないというのは、正しい恋愛ではないと考えています。また、ハイクラスな自動車や高いバッグを保持するように、周囲の人に見せびらかすために恋人を連れ回すのも誠の恋とは言い難いものです。

コメントを残す