あっというまに食べ終わる「早食い」

肥満(obesity)の状態はあくまで食生活の習慣や栄養バランス、運動不足が主因ですが、ボリュームの変わらない食事であれ、あっというまに食べ終わる「早食い」を日常化することによって肥満(obesity)を招く可能性があります。

吐血と喀血、2つとも口からの出血に変わりはありませんが、喀血とは喉から肺を繋ぐ気道から血が出ることで、吐血とは無腸間膜小腸より上部にある消化管から出血する症状を示しています。

音楽会やライブなどの開催される場所やクラブハウスなどに設置されている特別仕様の大型スピーカーの正面で大きな音を聞いて耳が聞こえづらくなることを「急性音響性難聴」と言うことをご存知でしょうか?

なんとなく「ストレス」は、「溜めないようにするもの」「取り去るべき」と思われがちですが、実を言うと、我々は多種多様なストレスを感知するからこそ、生きていくことが可能になります。

日本における結核対策は、1951年施行の「結核予防法」に沿う形で進行されてきましたが、56年後の2007年から異なる感染症とひとくくりにして「感染症予防法」という名前の法律に準拠して実行されることが決まりました。

胸焼けが特徴の逆流性胃腸炎は、4~5日くらい薬を飲めば、大体、9割近くの人の自覚症状は消え去りますが、さりとて食道の粘膜の傷みや炎症が治癒したことを意味しないので留意してください。

スギ花粉が飛ぶ期間に、まだ小さな子どもが体温は平熱なのにくしゃみを連発したりサラサラした鼻水が止んでくれない状況なら、残念ながら『スギ花粉症』の可能性が高いといえるでしょう。

基礎代謝量(きそたいしゃりょう)というのは目が覚めている覚醒状態で命を維持する(鼓動、呼吸、腎臓の様々な活動、体温や筋肉の緊張の保持など)のに外せない理論上のエネルギー消費量のことを指しています。

常在細菌のブドウ球菌(ブドウキュウキン、staphylococcus)は紫色に染色されるグラム陽性球菌であり、毒力が強大な黄色ブドウ球菌(英:staphylococcus aureus、スタフィロコッカスアウレウス)と毒のあまりないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2種に分けられるのです。

不整脈の期外収縮は、健康な人にも出ることがあるため急を要する疾病ではないといわれていますが、短い期間で発作が繰り返して起きるケースは危険だといえるでしょう。

通行中の衝突事故や山での滑落など、とても大きな負荷が体にかかった場合は、複数のポイントに骨折が生じてしまったり、骨が外に突き出る開放骨折となったり、酷い時は内臓破裂してしまうこともあり得ます。

ダイエットに勤しむあまりカロリーを抑える、1日3食のうち1食を飛ばす、などの生活を続けると結果的に必要な栄養までもを不足させ、酷い冷え性をもたらすことは、多くの医療従事者が危惧されているのです。

下腹の激しい痛みを特徴とする病気の一例として、大腸粘膜が嚢状に突出する大腸憩室症、5mm~10mm大の石ができる尿路結石症、潰瘍性大腸炎(UC)、無菌の腹腔内に炎症が起こる急性腹膜炎、子宮の病気など、色々な部位の病気が聞かれます。

季節性インフルエンザワクチン(seasonal influenza vaccine)では、膨大な研究の成果によって、ワクチンの効果を予想できるのは、ワクチン接種日のおよそ2週間後から約150日ぐらいと言われているようです。

基礎代謝(きそたいしゃ)というものは人間が横臥位でじっとしていても燃焼してしまうエネルギーのことで、その大部分を身体中の筋肉・臓器の中で最も大きな肝臓・脳の3種類が占めるとのことです。

コメントを残す